[演劇賞]えんぶチャート2019 作品編

広告

例年、えんぶ読者の投票によって決定されるえんぶチャート。このサイトでは2013年からずっと結果を掲載し続けています(上位の方だけですが)。今年は、チャートの載ったえんぶが各本屋であっという間に売り切れてしまったこともあり入手に苦労しましたが、なんとか入手し、少し遅くなってしまいましたが、上位ランキングをこちらに残しておきたいと思います


目次

今年の作品ランキング(1位から12位)

第1位 野田地図(NODA・MAP)「Q:A Night At The Kabuki」

第2位 PARCO劇場「ポリティカル・マザー」

演劇感想文リンクにはリンクがありません😥😥
主演は、上田竜也さん。やはり、 ジャニーズ系の方出演舞台に演劇感想文リンクは弱い…
ちなみに、2010年には、さいたま芸術劇場に本場公演が来日で公演しています

第3位 ニッポン放送「ヘデウィグ・アンド・アングリーインチ」

第4位 モボ・モガ「君の輝く夜に」

モボ・モガとは、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが所属されている事務所の演劇等を行うときのレーベルのようものです。

第5位 劇団☆新感線「けむりの軍団」

これは、観ました!個人的には、これで清野菜名さんの可愛さとアクションにはまり、後のテレビドラマを全話観ました

第6位 R・U・Pプロデュース「フラガール」

第7位 神奈川芸術劇場「ドクター・ホフマンのサナトリウム」

第8位 シス・カンパニー「LIFE LIFE LIFE」

ヤスミナ・レザの作品は、気になりながらまったく見れていません(泣)

第9位 劇団朱雀復活公演

早乙女太一さん主催の劇団の復活公演です。演劇感想文リンクにはリンクがありません

第10位 カムカムミニキーナ「両面睨み節」

たくさんの人気者の俳優を生み出した劇団の公演。ラサール石井さんなどが客演した興味深い舞台ですが、演劇感想文リンクには感想がありません

第11位 劇団☆新感線「偽義経冥界歌」

2019年は、地方公演を中心として、2020年に東京公演をおこなったというロングラン、地方巡業公演。福岡公演が中止になったのは残念です

第12位 東宝「ビック・フィッシュ」

ちなみに私が見た作品の順位は

例年通り、私の見た作品の順位も以下に。年々減っていますが。

159位 明治座「めんたいぴりり 未来永劫編」

僕の見た感想は以下です

218位 ラッパ屋「2.8次元」

僕の見た感想は以下です

368位 ホリプロ「渦が森団地の眠れない子たち」

僕の見た感想は以下です
いつも以上に、観た作品がランクインしていませんでした。なんでだろう…

少し遅くなりましたが、以上 えんぶチャート2019作品編でした

過去のえんぶチャート(2013年以降)

2018年 1位は劇団☆新感線「メタルマクベス Disc3」

2017年 1位は劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season鳥」

2016年 1位は劇団☆新感線「ヴァン!・バン!・バーン!」

2015年 1位は劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」

2014年 1位はパルコ・プロデュース「ブエノスアイレス午前零時」

2013年 1位はパルコ・プロデュース「鉈切り丸」

….というわけで、 劇団☆新感線2015年以来連続一位記録は、今年で途絶えたということですね

今は、とても予想するのが難しいのですが、早く今の状況が収束して、来年も同じようにランキングが発表できるといいなぁと思っています。

超近いうちに俳優編もやります!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です