【恒例】2018年年間アクセスランキング(公演)編 超スター共演のあの東宝作品が1位

広告

2016年からやっている年間アクセスランキング。なんとか3年間目です。1位は、東宝のナイツ・テイルでした。ミュージカル界の人気者井上芳雄さんとジャニーズの舞台のロングランEndless Shockで毎年舞台を踏んでいる堂本光一さんの共演という超人気作。さすがの圧倒的なアクセス数でした

目次

1位から10位 今年も髑髏城の七人が3作品ランクイン

1位 東宝「ナイツ・テイル−騎士の物語−」

2位 ジャニーズ事務所「Endless SHOCK」

3位 野田地図「贋作 桜の森の満開の下」

4位 シアターコクーン「そして僕は途方に暮れる」

5位 劇団☆新感線「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極」

6位 関西テレビ「サメと泳ぐ」

7位 TBS「No.9 不滅の旋律」

8位 劇団☆新感線「髑髏城の七人(風)」

9位 劇団☆新感線「髑髏城の七人 下弦の月」

10位 東宝「モーツァルト!」

昨年の作品でありながら、風と下弦の月が入り、10作中髑髏城が今年の極も含めて三作品が10位までにランクインしました

11位〜20位 話題作品がこの辺でランクイン

11位 二兎社「ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ」 

12位 大人計画「ニンゲン御破算」

13位 ネルケプランニング「アメリ」

14位 新国立劇場「1984」

15位 東宝「ジャージー・ボーイズ」

16位 梅田芸術劇場「道 La Strada」

17位 劇団☆新感線「メタルマクベス disc3」

18位 東宝「ゴースト」

19位 PARCO劇場「江戸は燃えているか」

20位 新国立劇場「怒りをこめてふり返れ」

21位〜30位 少し過去の作品もちょっとランクイン

21位 劇団☆新感線「髑髏城の七人 上弦の月」

22位 世田谷パブリックシアター「レディエント・バーミン」

23位 東宝「ブロードウェイと銃弾」

24位 竹生企画「火星の二人」

25位 梅田芸術劇場「黒蜥蜴」

26位 東宝「マリー・アントワネット」

27位 PARCO劇場「出口なし」

28位 松竹「オセロー」

29位 新国立劇場 ヘンリー五世

30位 ホリプロ「メリ−・ポピンズ」

PARCOの出口なしは、ずいぶん前のお芝居ですが、昨年シス・カンパニーが久しぶりに同作品を上演した影響ですね

31位〜40位

31位 東宝「エリザベート」

32位 PARCO劇場「豊饒の海」

33位 第三舞台「深呼吸する惑星」

34位 シス・カンパニー「子供の事情」

35位 こまつ座「シャンハイ・ムーン」

36位 唐組「吸血姫」

37位 東京芸術劇場「おのれナポレオン  L’honneur de Napoleon」

38位 Bunkamura/シアターコクーン「プルートゥ PLUTO」

39位 劇団☆新感線「髑髏城の七人(風)」

40位 東宝「1789〜バスティーユの恋人たち〜」

41位から50位

41位 世田谷パブリック・シアター「ペール・ギュント」

42位 明後日「またここか」

43位 ホリプロ「レインマン」

44位 地点「忘れる日本人」

45位 PARCO劇場「すべての四月のために」

46位 彩の国シェイクスピアシアター「アテネのタイモン」

47位 椿組「毒おんな」

48位 劇団☆新感線「ヴァン!・バン!・バーン!」

49位 NYLON100℃「百年の秘密」

過去のアクセスランキング(公演分)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です