[演劇賞]えんぶチャート2016 作品編

広告

先日の俳優/女優編に引き続き、作品編の発表です。ちなみに、過去の1位は2013年「鉈切り丸」(PARCO×劇団☆新感線×森田剛さん)、2014年「ブエノスアイレス午前零時」(PARCO×森田剛さん)、2015年「五右衛門VS轟天」(劇団☆新感線)でした。2016年は、森田剛さん主演の「ビニールの城」があり、劇団☆新感線があり、PARCOプロデュース作品もたくさんありました。さて、今年はどんな作品が1位だったのでしょうか?

作品編は、予想通り!?

1位劇団☆新感線「ヴァン!・バン!・バーン!」

既に、アイキャッチでネタバレしていますが、やはり新感線強いです。強すぎです。3951票という得票数は、2位に600票近く差をつけています。その下ざっとみましたが、1位差でこれだけの票差がついている順位はありません。
去年は、とうとう新感線観に行きませんでした。今年は、1年中やってる「髑髏城の七人」どれか観に行きたいなぁ。(チケット次第)

2位 野田地図(NODA/MAP)「逆鱗」

野田地図も、常連です。1位になれないのは、上演時期が早い(2月〜3月)だかれではないかと思っています。劇団☆新感線と双璧をなす人気劇団です。最近見に言っていませんが….

3位 PARCOプロデュース「恋と音楽 Final」

う、演劇感想文リンクに載っていない…稲垣吾郎さんは演劇界で本当に活躍されていると想うのですが、一方でチケット争奪戦が大変すぎて、中々みれません。前はとれてたんだけどなぁ…

4位 東宝「ナイスガイ in ニューヨーク」

これも、演劇感想文リンクにありませんorz。ニール・サイモンの作品を井上芳雄さんや、愛原実花さんといった俳優/女優編で上位人気だった俳優さんで上演された作品でした。

5位 新国立劇場「ヘンリー四世」 

シェイクスピアの史劇。なかなか硬派な作品です。こんな硬派な作品が(いや他が軟派と言っているわけではありませんが)、上位に入ったのはちょっと意外です。今、出演者とか見直してみると、ラサール石井さんや、有薗芳記さんと言ったちょっとシェイクスピア劇と似つかわしくない(失礼!)ような役者さんが配役されていて、見ればよかったとちょっと後悔。

6位 NYLON1000℃(KERA・MAP)キネマと恋人

今年の(というか昨年上演作品に対しての)演劇賞を軒並みかっさらっているケラリーノ・サンドロビッチさんの作品(KERA・MAP #007)。文学賞(第68回 読売文学賞 戯曲•シナリオ賞)まで取った作品です。僕自身は、昔は好きだったのですがある時からケラさんの作品見なくなってしまったのですが、そろそろ見たほうがいいなぁ。

7位東宝ジャージー・ボーイズ

WOWOW勝手に演劇大賞でも、作品賞になった作品。話題作でした。人気のヒットソングをミュージカルに使う手法。ハマると客席と舞台が一体になりますからね。再演あれば、足を運びたいと思えた作品です。

8位 演劇集団キャラメルボックス君がいた時間、僕のいく時間

こんなに人気があるのに何故か演劇集団キャラメルボックスを見に行ったことのない私。しかも、この作品の原作は梶尾真治さんの「クロノス・ジョウンターの伝説」。実は、昨年十数年ぶりに梶尾真治さんの作品「怨讐星域」を読んだ勢いでこの原作も読んでおり、結構面白かったです。次あるときは、観に行きます。きっと。

9位 東宝王家の紋章

聞くからに、少女漫画っぽい題名と思ったら、本当にそうでした。今流行の2.5次元ミュージカルの一つですね。とはいえ、そこは東宝、キャストも劇場も超豪華。さすがのランクインです。

10位 CATプロデュースクレシダ

平幹二朗さんの最後の舞台。あの存在感を二度と見れないと想うと今でも残念です。若手の役者さんとの共演でその演技を存分に発揮されていたようです。見たかったですね。

ちなみに、森田剛×宮沢りえビニールの城」は…

11位でした。惜しい。でも、やっぱり人気作だったんですね。(「ビニールの城」は31年ぶり(初演1985年)の作品ということで、一時期は演劇感想文リンクの1985年の公演の感想文を読むためのアクセスを集めました。ちょっとびっくりしました)

終わりに

…また、トップ10の作品は何も見ていないことになってしまいました。若干、小劇場方面に観に行く舞台を振りすぎているかもしれません。
ちなみに私が見た作品の中で、ランクインしていたのは、以下の4作品です。
96位 劇団チョコレートケーキ治天ノ君
256位 DULL-COLORED POP演劇
455位 星屑の会星屑の町
474位 朝劇西新宿恋の遠心力

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です