演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

演劇感想文リンク

【恒例】2016年年間アクセスランキング(作家/演出/俳優)編一位はSMAPの彼。

投稿日:

スポンサーリンク

広告


昨年末に引き続いて、2016年版のアクセスランキングです。今日は、役者さん、演出家さん、脚本家さんのページのアクセスランキングです。
このランキングにあがる方は、当然ながら舞台で活躍されている方のページへのアクセスなのですが、必ずしも最近も舞台に出ている方が上位に来るとは限りません。テレビ等で最近ブレイクしたり、ドラマや映画で露出が増えた方について検索しているうちにアクセスが、演劇感想文リンクに来たという事例も多いようです。
また、その方のページを作成するかどうかも、実は管理人の独断と偏見で判断しているため、とても活躍していて人気のある方がそもそもアクセスされる対象となっていないことも考えられます。とはいえ、日々、対象者のページは新たに追加していっているので、舞台で活躍されたり、テレビで見たことがあって舞台でも活動をされている方については大概含まれているものと自負しているのですが…

2016年のアクセスランキング(劇作家/演出家/俳優)(第1位〜第12位)

  1. 稲垣吾郎さん 最新作「恋と音楽
  2. 勝村政信さん 最新作「魔術
  3. 中川晃教さん 最新作「マーダー・バラッド
  4. 高橋一生さん 最新作「レディエント・バーミン
  5. 三浦春馬さん 最新作「キンキーブーツ
  6. 森田剛さん 最新作「ビニールの城
  7. 向井理さん 最新作「星回帰線
  8. 粟根まことさん 最新作「ヴァン!・バン!・バーン!
  9. 内野聖陽さん 最新作「東海道四谷怪談
  10. 井上芳雄さん 最新作「エリザベート
  11. 中村倫也さん 最新作「ヴァン!・バン!・バーン!
  12. 堤真一さん 最新作「るつぼ

ここまでのところ、作家/演出家は一人もいません。女優さんもいません。テレビでよく見る俳優さんが完全に上位を独占しております。ホームページのアクセス解析等を行うと、アクセスしていただいている読者の男女比はほぼ半々なのですが、男優優位という状況になるようです。ここ3年間くらい記事にしている「演劇ぶっく」のランキングも例年上位は男優が独占している状態なのですが、魅力的な男優が多いということでしょうか?
一位は、2016年には舞台がなかった稲垣吾郎さんになりました。今年の前半にアクセスを稼いでいて、昨年の「No.9 不滅の旋律」の舞台の評価及びその他諸々でアクセスが増えたようです。

2016年のアクセスランキング(劇作家/演出家/俳優)(第13位〜第24位)

  1. 熊林弘高さん 最新作「かもめ
  2. 久世星佳さん 最新作「三代目、りちゃあど
  3. 霧矢大夢さん 最新作「マイ・フェア・レディ
  4. 浦井健治さん 最新作「ヘンリー四世
  5. 市村正親さん 最新作「ミス・サイゴン
  6. 佐々木蔵之介さん 最新作「BENT
  7. 蜷川幸雄さん 最新作「尺には尺を
  8. 野田秀樹さん 最新作「赤鬼
  9. 松尾スズキさん 最新作「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン
  10. 内田健司さん 最新作「1万人のゴールド・シアター2016「金色交響曲〜わたしのゆめ、きみのゆめ〜」
  11. 岸田國士さん 最新作「命を弄ぶ男ふたり
  12. 竹内銃一郎さん 最新作「あたま山心中

打って変わって、女優さん、脚本家、演出家がこのゾーンにランキングしています。今年なくなった蜷川幸雄さんも、大河の三谷幸喜さんも、この枠です。俳優さん/女優さんは、ミュージカル系の方がこのゾーンに多い印象です。岸田國士さんは、鬼籍に入られたのが1954年。今でも多数の戯曲が上演されているという意味では、やはりすごい劇作家さんだったんだなぁと実感します。(そういえば、見たことも読んだこともない。一度読んでみようかな)

2016年のアクセスランキング(劇作家/演出家/俳優)(第25位〜第48位)

  1. 藤井由紀さん 最新作「マクベス
  2. 堤泰之さん 最新作「カードファイト!! ヴァンガード
  3. 上川隆也さん 最新作「真田十勇士
  4. 宮藤官九郎さん 最新作「サンバイザー兄弟
  5. 玉置玲央さん 最新作「季節が僕たちを連れ去ったあとに
  6. 三谷幸喜さん 最新作「エノケソ一代記
  7. 平岳大さん 最新作「書く女
  8. 大竹しのぶさん 最新作「スウィーニー・トッド
  9. 鐘下辰男さん 最新作「ゴルゴン
  10. 若村麻由美さん 最新作「放浪記
  11. 大塚雅史さん 最新作「幸村〜真田戦記〜
  12. 岩松了さん 最新作「シブヤから遠く離れて
  13. 田中哲司さん 最新作「浮標
  14. 丹野郁弓さん 最新作「SOETSU-韓(から)くにの白き太陽
  15. 手塚とおるさん 最新作「荒野のリア
  16. 藤原竜也さん 最新作「鱈々
  17. 唐十郎さん 最新作「夜壺
  18. 多部未華子さん 最新作「尺には尺を
  19. 山内圭哉さん 最新作「遠野物語・奇ッ怪 其ノ参
  20. 鈴木裕美さん 最新作「ブラック メリーポピンズ
  21. ふたくちつよしさん 最新作「夕空晴れて
  22. ほさかようさん 最新作「太陽の棘 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう
  23. 松田正隆さん 最新作「福島を上演する
  24. 夏井孝裕さん 最新作「

現在、作家/演出家/俳優のページは全部で1021名分のページがあります(あ、いつのまにか1000名超えている)。今年も、気になった役者さんや作家さん、演出家さんをどんどん入れていこうと思っています。

広告

広告

-演劇感想文リンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[雑談]2.5次元ミュージカルって何?

twitterのトレンドのところに「5次元ミュージカル」という言葉が出ていて、シュールな言葉だなと思って検索したら、「2.」5次元ミュージカルの.(dot)以降の言葉が表示されているだけでした。 2. …

[劇評]劇団桟敷童子「風来坊雷神屋敷」@北区・飛鳥山公園内特設天幕劇場

テント芝居ならではの装置の作りこみはすばらしい。役者もここまでやらなくてもというくらいに、芝居にのめりこんでいる。それだけでも、一見の価値はある。ただ、過去のこの劇団の公演を見ているもののわがままとし …

no image

[雑談]小劇場関係者はどうすれば喰えるようになるか?

いえ、答えはもっていません。ただ、ネットでこんなやりとりを見つけてしまい、考えこんでしまいました。 「劇作家やって収入得てるんだけどさ・・・」 関連

【恒例】2016年アクセスランキング(劇団)編 今年はやっぱりあの劇団でした。

スポンサーリンク 広告 昨日に引き続いての年間アクセスランキングです。今回は、劇団。公演が上位の劇団が上に来ている傾向はあるものの、公演数が多かったりして、個々の公演ではアクセスを稼いでいない劇団であ …

[劇評]星屑の会「クレイジーホスト リターン」@本多劇場

結構アブラぎった出演陣による濃い芝居をイメージしていたが、意外にも(失礼)非常に爽やかな印象のみが残った。個々人の役者の特徴をつかんであて書きされた脚本が芝居全体の雰囲気を爽やかでかつ楽しいものにして …

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031