広告

パンドラの鐘は、1999年に、野田秀樹さんと蜷川幸雄さんが演出で競演した作品で、当時はまったく同じ脚本を作者である野田さんと蜷川さんで別々のキャスト・演出で上演されたという話題作でした。
広島出身の僕にとっても、長崎の原爆がモチーフの一つになっているこの作品はとても印象に残っている作品です。
それだけに、2021年の再演版は注目をしていました(地方に引っ越しているので、見ることはかないませんでした)まさかのコロナで東京公演は途中で中止に。
しかし、2022年に再び、演出キャストを一新して再演です(僕も今週末に観劇予定!)。キャスト比較表を更新します!!

2021年5月にこの記事は、初版を作成しました。こちらが、キャストを一新して、2022年に再再演が決定。
初演時は、野田秀樹さんと蜷川幸雄さんが同じ脚本を別のキャスト/劇場でほぼ同時期に上演するという印象深いイベント出会ったこの作品は、僕自身とても思い入れがあります。

「パンドラの鐘」キャスト比較表

1999年野田版 1999年蜷川版 2021年熊林版 2022年杉原版
団体 野田地図 シアターコクーン シアターコクーン シアターコクーン
上演年 1999年 1999年 2021年 2022年
演出 野田秀樹 蜷川幸雄 熊林弘高 杉原邦生
ヒメ女 天海祐希 大竹しのぶ 門脇麦 葵わかな
ミズヲ 堤真一 勝村政信 金子大地 成田凌
タマキ(ピンカートンの娘) 富田靖子 宮本裕子 門脇麦
(ヒメ女と2役)
前田敦子
カナクギ教授/狂王 古田新太 沢竜二 松尾諭 片岡亀蔵
ハンニバル/男 松尾スズキ 松重豊 松下優也 玉置玲央
ピンカートン未亡人 銀粉蝶 森村泰昌 緒川たまき 南果歩
オズ(考古学者) 入江雅人 高橋洋 金子大地
(ミズオと2役)
大鶴佐助
イマイチ(考古学者助手) 八嶋智人 生瀬勝久 柾木玲弥 柄本時生
コフィン 明楽哲典 井出らっきょ 長南洸生 森田真和
リース 春海四方 大石継太 木山廉彬 亀島一徳
ハンマー 戸谷昌弘 大富士 八条院蔵人 山口航太
ヒイバア 野田秀樹 壌晴彦 緒川たまき
(ピンカートン未亡人と2役)
白石加代子
スペード 張春祥 武居卓
サクラ 堀朋恵
ドーベルマン 豊川栄順
モモ 音室亜册弓

世代が変わってるよなぁ

20年以上前の初演を新しいキャストでやるとどうなってるのでしょう
改めて、キャストを再整理すると今見るとすごいキャストが1999年にこの舞台に集結していたことにびっくりします

2021年版の違いはキャストの集約

熊林版は、もとの作品で古代と現代で各々独立していたキャストを一人二役に再構成しなおしたことのようです(見てないので、想像…見たかった…)
以下の2021年版のキャストは以下のブログ記事を参考にしました

2021年版(熊林さん版)、2022年版(杉原版)の違いは?

キャストを見る限り、杉原版のほうが、1999年版に近いようです。かなりのダブルキャストを多用した熊林版はどうだったのか、逆にとても気になってしまいます。

公演の感想は以下で

ちなみに、配役がわからなかったので、比較表には入れませんでしたが、静岡の劇団ムナポケも2019年に上演しています。

1999年コクーン版(蜷川幸雄さん演出)

1999年野田地図版(野田秀樹さん演出)

2019年muna pocket版(三浦一徹さん演出)

2022年コクーン版(杉原邦生さん演出)

2021年版は、 まもなくアップします!

以上 2021年に続き、2022年に上演再演された「パンドラの鐘」のキャスト比較表の記事でした!!!!

2022年版を観劇に行きました!!
感想は以下です。

他のキャスト比較表記事は以下






広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です