[劇評]伊東四朗一座「熱海迷宮事件」@本多劇場

広告

超人気芝居を楽日で観劇。前回見たときのちょっとした不満(テンポとか)が解消され、すごくいい出来に仕上がっている。芝居が成長するということを改めて思い知らされた。

劇団 伊東四朗一座
題名 熱海迷宮事件
公演期間 2004/07/16~2004/07/25
妹尾匡夫 演出 伊東四朗・三宅裕司
出演 伊東四朗、三宅裕司、ラサール石井、小宮孝泰、小倉久寛、東貴博、河本千明
劇場 本多劇場(下北沢)
観劇日 2004年7月25日(マチネ)

【ストーリー】

新人刑事が、配属された部署は、迷宮入り寸前事件を扱う部署。みんなどうもやる気がないような人たちばかり。そこに所長命令で、ある事件を解決しなければ、リストラと脅され、全員パニック。その事件の容疑者は往年のコメディアンで、部署の全員で、何故かその男とコントをするはめに

【感想】

二度目の観劇。前回、実は微妙に間とかが悪かったことが、この回を見て気づいた。

 

すごく一体感があって、台詞が変わっていないのに、笑いが取れている場所があきらかに増えている。こういうのを目指して作られていたというのが良く伝わってくる。

 

途中でのオーディションシーンは、全部アドリブだと思っていたけど、前回と同じねたもあり(ジェンキンスさんのくだりとか)。受けたネタはそのまま残したのだろうか?

 

石井さんのネタ、一段と長くなり少しこなれた印象。非常に特殊なキャラクターということもあり、前回見たときは緊張していたように思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です