会社帰りに気軽に演劇!の現実性

広告

nightoffice

たまに、会社がサクッと終わった時とかに舞台を見て帰りたいなぁとか思うのですが、なかなか実現できません。定時が6時半で場所が新宿という僕個人の事情もありますが、それにしても平日ソワレの演劇の開始時間が早過ぎるような気がします。

昔友人と話していたですが、毎日こんなにたくさんの演劇/舞台が公演されている街は世界中見渡しても、そんなにないはずです。

でも、なかなか見る機会がない、きっかけがないという人も周りにはいっぱいいます。

そういう思いを持っているのは僕だけじゃないらしく、こちらのサイトで「第6ボタン」という劇団が、演劇企画の支援を募っています。

第6ボタン・ながみねひとみがダイニングを巻き込んで仕事帰りにフラッと立ち寄れる雰囲気のある演劇作りを目指す企画です!2014年春から4ヶ月連続公演を予定しております。
小さい企画でも血と汗と涙と笑いを惜しまないながみねワールドの創造のために、どうかご支援ください。

第6ボタンは、2011年に発足したながみねひとみさんのプロデュースユニット。こちらで、過去の公演の劇評をみることができます。

第6ボタンの演劇感想文リンク

十条駅の近くのうまいもんやというダイニングで行われる演劇公演。ダイニングという場所で継続的に公演されています。最近の舞台情報をみると平日は20:30からという設定。確かに行けなくはない。

こういう企画が色々なところで増えてくれればなぁと思います。

ちなみに、モーションギャラリーというサイトは、芸術系のクラウドファウンディングサイト。テーマを芸術活動に絞っているので、演劇系も含めいくつかのプロジェクトが載っています。

クラウドファウンディングプラットフォーム 「モーションギャラリー

このクラウドファウンディングという仕組みも、第6ボタンの取り組みももっと力をもてればいいなぁと思います。

広告

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です