演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

「 2016年観劇 」 一覧

治天ノ君ポスター

[劇評]劇団チョコレートケーキ「治天ノ君」@シアタートラム

さすがにほぼ無名だったこの劇団を一気にスターダムに押し上げただけのことのある『凄い』作品でした。題材の卓抜さ、役者の役への集中度、そして松本紀保さん。印象深い傑作でした。明治から昭和にかけての歴史の重 …

劇団ポポポポスター

[劇評]劇団ポポポ「笑って泣いて慄えて眠れ」@新生館シアター

一人の女の内面的な変貌の物語。ある意味エゴいスティックで、無茶な進行もありつつ、どうにもならない運命に翻弄される話は、突き刺さる演技もあり、演出は心に残りました。音楽に力が入っている割に、(かつ主役の …

[劇評]インヘリット東京「永遠の一秒」@南大塚ホール

昨年の池袋演劇祭 優秀賞作品を見ておきたいと思い、二週続けて大塚の南大塚ホールへ。 結論として、何がしたいのか(何が伝えたいのか)わからず、見どころらしいところがあまりない作品でした。残念。 劇団 イ …

[劇評]宇宙論☆講座「ロボット音楽劇 楽しい東京オリンピック」@ギャラリーLa Grotte

スポンサーリンク 広告 虚実ないまぜ何が正しく何が嘘かもわからない混沌 芝居終了後に本物のパンフ配布。ロボット芝居ではなく、ひとり芝居。そういう部分も含めて、虚実ないまぜの何が正しく、何が嘘かもわから …

[劇評]STAR☆JACKS「桜舞う夜、君想ふ」@南大塚ホール

物語自体は、単純至極。でありながら、物語に色々突っ込みどころはあるというのは、ちょっといただけない。ただ、最後の桜舞う中で闘う男の生きざまを見せる演出は、圧巻であり目頭を熱くして見てしまった。 スポン …

[劇評]劇団SHOW特急「悔いのない人生のすゝめ」@バビロン流れのほとりにて

学生演劇を髣髴とさせるような脚本で、ストーリー、設定、キャラクターのすべてがありきたりで、あまりに工夫がない。基本的に、あまり関係がない人が集まってそれぞれのエピソードをつないでいく形式は、個人的には …

[劇評]バター猫のパラドックス「二進法の彼女」@てあとるらぼう

小さな劇場でありながら、プロジェクションマッピングをバリバリに使う舞台。AIをテーマにした恋愛物。割りとありきたりだし、恋愛物は苦手だしとか思っていたのに、ラスト近くのシーンにはグッときてしまった。新 …

[劇評]立ツ鳥会議「午前3時59分」@ザムザ阿佐ヶ谷

演技力が高く、器用な役者の力もあって演出として意図していることは十全に表現されているように思った。一方で、一人の人間の内面世界をひたすら追う心象風景ばかりが続く脚本はどこかで見たようなシーンばかりに思 …

[劇評]GENKI Produce「島へ」@シアターグリーンBox in Box

コメディタッチでありながら、割りと怖い設定の話が進行していくというあまり見たことのないタイプの芝居。結構、その辺のバランスが難しいと思うのだが、巧妙な脚本とそれをうまくこなす俳優陣の実力もあいまって面 …

[海外劇評]桂三輝「Katsura Sunshine :Rakugo!」@Sweet Grassmarket

英語による落語ということで、現地に人に受けるのかなぁとか思いながら見に行きました。落語は、英語になっていてもわかりやすく(英語も聞き取りやすく)、笑うことができました。肝心の現地の客の反応は、半分近く …

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930