[劇評]WAHAHA本舗「梅ちゃんの青い竜宮城」@シアターアプル

広告

思ったより歌がうまいのにびっくり。でもやっぱ色物。それでも、この集客パワーはさすが

劇団 WAHAHA本舗
題名 梅ちゃんの青い竜宮城
公演期間 2004/11/06
演出 喰始
出演 梅垣義明
劇場 シアターアプル(新宿)
観劇日 2004年11月6日(マチネ)

【ストーリー】

ない。あるわけがない。全編歌(シャンソン とか…)

【感想】

初梅垣リサイタル

色物なんで、むちゃくちゃな舞台をイメージしておりましたが、イメージしていたよりはまとも(って、どんなのイメージしていたんだという感じですが)

何よりも意外だったのは、思っていた以上にうめちゃんのシャンソンはまともに聞き応えがあるということ。

ま、お約束な感じで会場いじりはかなりのもの。遊気舎以上(当たり前だジャンルが違うという感じ)

とりあえず、なぜか最後に大根を摩り下ろさせられたし、靴下も投げた。

むちゃくちゃやらされているようで、うめちゃんはあくまでまともに考えているというギャップも面白い。

いまどき、一人でシアターアプルをいっぱいにできる芸人がどれほどいるのだろうと考えると、彼はかなり貴重な存在だと思った。

 

[劇評]WAHAHA本舗「梅ちゃんの青い迷宮」@日本青年館

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です