[劇評]S.E.T「バイオロイド零年」@東京芸術劇場中ホール

広告

ゲームのちから強し。会場には、様々な観客あり。
結構ゲーム知らなくても楽しめた。これみちゃうとかわいそうでゲームでがしがしゾンビは殺せないのではあるまいか?

劇団 スーパー・エキセントリック・シアター
題名 バイオロイド零年
公演期間 2000/07/12~2000/07/16
大沢直行 演出 八木橋修
出演
劇場 東京芸術劇場中ホール(池袋)
観劇日 2000年7月16日(マチネ)

SETの若手公演とは思えないほどの客の入り。「バイオハザード」というゲームが基になっているからか?ゲームのパワー強し。

が、そこはSETお笑いネタもふんだんで笑いとダンスは秀逸。

結構ゲーム知らなくても楽しめた。これみちゃうとかわいそうでゲームでがしがしゾンビは殺せないのではあるまいか?

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です