[劇評]劇団ショーマ「リプレイ」@スペース・ゼロ

広告

面白い。
死刑囚が過去に戻って自分を止めるというアイデアが斬新とは思わないが、息をつかせぬストーリー展開がある。

劇団 劇団ショーマ
題名 リプレイ
公演期間 2000/03/25~2000/04/01
高橋いさを 演出 高橋いさを
出演 川原和久、山本満太、木村ふみひで、児島功一、斎藤義信、松本透、南口奈々絵、木内伸、高橋将和、佐藤奈美、岡本勲、センルイトオル
劇場 スペース・ゼロ(新宿)
観劇日 2000年4月1日

次にどうなるのかわからないという普遍的なストーリーの進め方が凄く旨く言っている作品。爆弾が爆発するとか、
わかりやすいのも事実だけど。組織の抗争とかがうまく形になっている。

悪役(いつもそうだけど)川原さんの演技が凄みをましていっている、あてがきされているのは良く分かるが、この川原/山本の二人の役者のアンバランスがこの芝居をすごく面白くしている。

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です