[劇評]かれーど・すこーぷ「寝盗られ宗介」@アドリブ劇場

広告

 

後半傑作、前半凡作…と書くといいすぎだが、脚本がいいものであるだけに、全体にむらのある出来であったのが、少々残念。しかし、キャストの力量はあきらかに過去のどの作品よりも高いところで維持されており、見ごたえのある舞台になっていた。

劇団 かれーど・すこーぷ
題名 寝盗られ宗介
公演期間 2003/07/31〜2003/08/03
つかこうへい 演出 野原裕司
出演 石川亜美 ,植木亨 ,榎本淳 ,風村綾乃 ,加藤敦洋 ,かわなごまき ,黒田彩季子,立花十四朗 ,しゃこ ,雅あきら ,松田晴行 ,山本権蔵
劇場 アドリブ劇場(浅草橋)
観劇日 2003年8月3日(ソワレ)

【ストーリー】

北村宗介一座は、その出し物「寝盗られ宗介」をひっさげ全国を巡業しているが、座長の宗介 はわざと一座の男に妻のレイ子を寝盗らせようとする、屈折した男。 策略に乗せられて何度も駆け落ちを重ねながらも、結局宗介の元に帰ってくるレイ子。 今日もレイ子は座員のジミーと出て行こうとするが、宗介は今度こそ故郷の花巻で妻と正式に 結婚式を兼ねた披露公演をやろうと決心する。 すれ違う二人の心に明日は来るのか。 果たして花巻にレイ子は戻ってくるのか。

【感想】

芝居の出来としては、過去に見たどの作品よりも僕好み。
主役の宗介役の声がかれていたこともあり、少しパワー不足。宗介がパワー不足だと全体がしまらなくなってしまうのは、脚本の制約上しょうがない。体調管理を役作りのうち、これが北村宗介一座の座長の勤めということか。
それでも、芝居全体をひっぱっていた

植木さんの演じるオカマと、劇中劇中の歌舞伎役者の二役はどうに入っていて良かった。安心して見ることのできる役者であり、今後も楽しみな役者。

また、初めて見た立花さんも、演技こそ普通ではあっても、途中朗々と語る長セリフの聞かせ方はさすが、他の役者さんではなかなか見せることの出来ないかっこよさ。

逆に女優陣の印象が今回は薄い。何故だろう、脚本のせいかもしれないが…全体に演技が硬くこなれていない印象がどうしてもある。はすっぱな感じの女性を演じるのって想像以上に難しいのかもしれない。

特にレイコ役は、どうしても、真面目な人にしか見えない。うーーん。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です