[劇評]ネオゼネレイター・プロジェクト「星と砂の間に」@渋谷ジャンジャン

広告

劇団 ネオゼネレイター・プロジェクト
題名 星と砂の間に
公演期間 1997/10/11
北村想 演出 大西一郎
出演
劇場 渋谷ジャンジャン
観劇日 1997年10月11日

 北村想らしい脚本。舞台もきれいでとっても期待させられる。ただ….
 
 個々のキャラクターは,多分面白い。しかし、それが、どうしてもしっくりと噛み合わない。
 看護婦の過剰なリアクションや、隕石商人の喋りも、三姉妹のすっとんきょさも何か一つの世界を構築する要素になっていない。
 
 赤星さんの好演が目立つだけに気になる。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です