[劇評]伊東四朗一座「喜劇 芸人誕生物語」@サンシャイン劇場

広告

急遽再結成に相成ったこの舞台。伊藤四朗をはじめとして、赤信号の渡辺さん、SETの三宅さん、小倉さん、TAKE2の東さん、春風亭昇太さんと軽演劇界の銀河系軍団としいっても過言じゃないメンバー揃い踏み。予想を裏切らないでき。でも、役者に頼りすぎかな、ストーリーがちょっと弱い。

劇団 伊東四朗一座
題名 喜劇 芸人誕生物語
公演期間 2005/07/16~2005/07/31
妹尾匡夫 演出 伊東四朗、三宅裕司
出演 伊東四朗、三宅裕司、渡辺正行、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博、白土直子(劇団SET)、丸山優子(劇団SET)
劇場 サンシャイン劇場(池袋)
観劇日 2005年7月31日(ソワレ)

【ストーリー】

弱小芸能事務所は、長年目の出ない歌手をなんとか売れるようにしたいと考えていた。簡単に彼の首が切れないのも、その娘が、その芸能事務所を支えるトップアイドルであるため。 父親を芸人として売り出そうとしていた矢先、当のトップアイドルの娘が奇病で倒れたと連絡があり….

【感想】

ま、はずすことはないわけで、しかも前回少し引いた感じ(出演シーンが少ないとか…)だった伊東さんが、今回は前半から出ずっぱりで、気合を感じます。

少し、気合が入りすぎていたせいか、渡辺さんの演技に固さを感じてしまったのは周りの芸達者たちに飲まれてしまったのかもしれません。

SETから参加している若手(という年ではすでにないが)の白土さん、「」さんの双子のような演技もなかなか。なんで、この二人、こんなに声を合わせてしゃべれるんだ?練習しているとはいえ、かなり不思議です。

日替わりゲストが伊東さんの娘役をやるという今回の舞台のアイデアは楽しいです。今日のゲストは小林幸子さん。演技をするというよりは、舞台上でいじられている小林さんは、一番この豪華メンバーの演技をまじかで見ることができる観客の一人のように思えました。本当に楽しそうに舞台をこなしていらっしゃいました。

できることならば、他の日も見てみたかった。噂では戸田恵子さんや磯野貴理子さん等、期待される方々がゲストだったらしい。

最後のもう一人のゲスト(千秋楽記念でしょうが)菅井きんさんの登場には舞台上の役者達同様に驚きました。楽しい趣向で、最後まで楽しませてもらいました。

最後にちょっとだけ、苦言を(不満というほどではないのですが) 全般で感じたのは(これは前回も感じたことですが)、役者の芸達者に助けられていますが、ストーリーとしては手抜きな感じが漂います。もっと強力な作者が脚本を書くと、さらにこのメンバーの凄みが出てすごい芝居ができあがるのではないかと更に欲をもってしまいます。

もちろん、このメンバーで三谷さんや水谷さんが脚本を書いてくれるならばいうことはありません。チケットは取れないでしょうが。(今回だって大変だった)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です