[劇評]PARCO「おかしな二人(女編)」@PARCO劇場

広告

先日見た男編と驚く程セリフや設定が似ておりここまでも似せても男編の脚本が立派に女編で生きている事に驚く。微妙に違うセリフや設定が逆にニール・サイモンの思いを伝えているように感じた。

劇団 PARCOプロデュース
題名 おかしな二人(女編)
公演期間 2002/08/31-2002/10/30
ニール・サイモン(山内あゆ子 翻訳) 演出 鈴木裕美
出演 小泉今日子、小林聡美、池津祥子、歌川椎子、深浦加奈子、広岡由里子、高橋克美、八嶋智人
劇場 PARCO劇場(渋谷)
観劇日 2002年10月12日(マチネ)

ストーリー

夫と別れた散らかし放題の部屋に住み、問題をかかえる女(小林)の部屋にひょんなことから友達のもう一人(小泉)が夫とわかれて一緒に住むことに。しかし、その女(小泉)は超潔癖症だったが故に二人の間はどんどん険悪になっていき….

感想

元々はニール・サイモンは彼の兄の実話を元にこの話を書いたという話なので、男編がオリジナルらしいのだが、女編は元々興味があった。

何せ小泉今日子、小林聡美という二大女優によるコメディ。ちょっと見逃しがたい。

ストーリーはほとんど男編と同じで、シチュエーション、キャストの役回りまでほぼ一緒。

男編を先にみたおかげで、テンションの高さに驚くことはなかったが(八嶋さんと高橋さんのスペイン人兄弟は別)、それでも芝居のテンションの高さはかなりのもの。テンションの高さと体当たりの演技が、コメディとしての緊張感を漲らせている。

ただ、女編と男編で脚本として異なる部分が、少しづつある。男編では、段田さん演じるオスカーが、芝居の前半では妻と仲が良くなかったのがフィリックス(陣内さん)と同居することで和解する。女編では小林さん演じるオリバーが腐れ縁を断ち切れないでいた元夫とフローレンス(小泉)と同居することできっぱり切れる。

単純に、男編の逆にしたかっただけなのか、女の自立と男の自立(というか幸福)に関してニール・サイモンは別の考え方を持っていたのか….

最後の「No Woman No Cry」を歌うあたりも含めてちょっとだけ違う男編と女編の違いが、結構大きく違う印象を与える気がする。

後、高橋さん、八嶋さんのスペイン人兄弟は反則!出ている間中笑っていた。あの二人、セリフをものすごい勢いで変えているのに違いない(面白いからいいけど)、絶対英語になさそうなセリフをぽんぽんしゃべっていた。この二人だけでも、見に来た価値あり

 

[劇評]PARCO「おかしなニ人(男編)」@PARCO劇場

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です