原作にはあまり登場しない今川義元を生瀬勝久さん、熱演

広告

今季の月曜夜九時枠のフジテレビドラマ(いわゆるゲツク)小栗旬さん主演の「信長協奏曲(のぶながコンチェルト)」は、原作漫画のファンだったこともあり、毎回楽しみにしてみています。

時代劇らしくないポップな作りと、毎回出てくる豪華キャストが売りのようです。

今回は、桶狭間の戦いで、当然のように今川義元がでてきました。関西人イメージの強い生瀬勝久さんが、演じていらっしゃいました、。京都の公家のようなゴテゴテメイクで、派手好きな性格という原作にはない独自キャラクタ設定でしたが、見事悪役に徹して華々しく、(若干コミカルに)散った演技はさすがの芸達者ぶりでした。

それにしても、原作を読んでる身からすると、ドラマ化でどんどん設定やストーリーが変わるのがすごいですね。(わかっちゃいましたが)

今日の桶狭間の辺りは、最初から最後まで原作ストーリーを匂わせる部分がまったくなくて、ドラマを見ていてもこの後どうなるのかがさっぱりわかりませんでした。

ただ、原作の高校生にしては堂々としている「サブロー」よりは、平成の高校生(には見えないけど)が、いきなり戦国時代に来て戸惑っているという方が自然なのかもしれません。

まだまだ、初回の麿赤児さんなど、舞台でみたことのある豪華キャストが出てきそうなこのドラマ、楽しみに見て行きたいと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です