Dr倫太郎で、マジメだけど怖い警察役だった北村有起哉さん 

広告

doctors-m堺雅人さん主演の「Dr倫太郎」は、オンタイムでは見れていませんが、ちゃんと見続けてます。俳優さんも結構好きな役者さんがレギュラーで出ていることも見続けている理由だと思います。脇を固める高橋一生さんや内田有紀さん、吉瀬美智子さんがそうです。

今回は、北村有起哉さんが患者さん(元々は患者さんの夫)役でした。

今回の北村有起哉さんは、落ち着いていながら、実は大変なストレスを抱えている刑事の役をやっていました。激昂する様と普段の演技の落差が激しくて、見応えのやる役柄でした。

最近ドラマなど でもよく見る役者さんですが、wikipediaによると、デビューは舞台と映画で、どこかの劇団とかに所属すること無くフリーで活躍されてきた方のようです。

初めての舞台は、tpt春のめざめ

僕も、2003年に野田地図オイル」の舞台で拝見しているはずですが、すみません。まったく記憶にありません。

でも、最近ドラマでみるとその印象的な風貌と演技でとても印象に残る役者さんです。

次の舞台は、こまつ座の舞台とのこと。ちょっと気になってます(演出が棧敷童子東憲司さんらしいですし)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です