[劇評]reset-N「Valencia」@ザ・スズナリ

広告

スタイリッシュという言葉が、似合う舞台。それでいて、ツンと澄ました感じはなくしっかりしたつくりになっている。
出演者の人間味が若干かけるが、これがドロドロしていても、この舞台の雰囲気は壊れるのかもしれません。
AV女優役の町田カナさんは、雰囲気のある役者さんです。声とかがかなり僕好みで、彼女だけを観に再度、劇場をおとづれたい感じです。

劇団 reset-N
題名 Valencia
公演期間 2005/05/03〜2005/05/08
作/演出 夏井孝裕
出演 町田カナ、平原哲、原田紀行、丸子聡美、綾田将一、岩本幸子、篠原麻美、久保田芳之、長谷川有希子、奥瀬繁
劇場 ザ・スズナリ(下北沢)
観劇日 2005年5月3日(ソワレ)

【ストーリー】

トダとツゲという二人の美容師が経営する美容室。トダは、メグミと暮らしながら、ルミとも関係を続けていた。ルミはある日の夜、同じAV女優仲間のムツキを連れて深夜の美容室にトダを訪ねてくる。そこで、トダは思いもかけぬ事態に出くわし。

【感想】

ふと思いついて、当日券で見るために、下北沢へ。

早い時間に行ったお陰で、ベストポジションをキープしてみることが出来ました。

美容室を舞台にしたスタイリッシュな舞台。照明もいわゆる演劇用の照明ではない一般的な照明(インテリアとかで使われそうな)を利用して蛍光灯とかも利用。

若干、舞台上が暗いこともあり、賛否はあるような気がしますが、極限まで暗転を減らしている演出とあいまって、かっこいいと感じる部分が多かったです。
美容室をしているモテル美容師(ちょっと変)とその周りの女性達との物語。

元AV女優役の町田カナさんは、相当僕好み。顔ではなく声が!。ファンになりそうな予感。 (勿論、顔も素敵ですが)

かっこいいシーンをつなぎ合わせた映画のような演出。ストーリーではなく、シーンを作り上げているという感じ。

謎は謎のまま。台詞でもあまり説明しない。台詞も言葉足らずなくらいのものが多い。こういう方が見ているほうのストレスは溜まらない。

但し、結果として人間くささはない。非現実的な世界。これなら、SFとかもやれるよな(と過去の上演記録を見ていたら、火星年代記とかもやってる。うん。雰囲気が想像つく。)

どろどろ、ぎとぎとしたアングラの世界が好きな私としては、ちょっと食い足りないかもしれない。

とはいえ、最近、ラストシーンと思しきシーンが連続する(でもなかなか終わらない)という芝居を見続けた事もあり、このあっさりとした終わり方には共感を持ちました。

次も行こう!!(といつも終わった時には思う)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です