[劇評]ラッパ屋「阿呆浪士」@THEATER/TOPS(新宿)

広告

劇団 ラッパ屋
題名 阿呆浪士
公演期間 1998/06/04~1998/06/30
鈴木聡 演出 鈴木聡
出演 岡山はじめ,木村靖司,俵木藤汰,竹内義明,渡辺絵里子,大草理乙子,和田都,岩橋道子,宇納佑,弘中麻紀,義若泰祐,洪仁順,小林隆,竹内晶子,川原正嗣,前田悟,岩本淳,伊達海人,武藤直樹,熊川隆一
劇場 THEATER/TOPS(新宿)
観劇日 1998年6月26日

シアタートップスの真中に舞台があり、花道をつくり、歌舞伎的な世界を作り出した劇場の作り変えがすごい。最高の舞台装置。(全員が桟敷席状態)
芝居も十分楽しめる。

ちなみに、客演の洪仁順は、麿赤児の愛の乞食にも出ていた役者。あのときとは違うコミカルな演技にちょっと見直した。(なんか、もっと硬いイメージがあったんだよな)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です