[劇評]PARCO「オケピ!」@青山劇場

広告

二度目の観劇。前回の観劇時とは別物になっている。座席が一階席中央だったという高位置だったこともあるかもしれないが、ミュージカル全体の展開に無理が無くなりひとつの作品としての完成度が上がっていると感じた。さすが三谷さんというべきか、ミュージカルでも十分にストレートプレイに負けない立派な三谷らしさが出ており感動した。

劇団 PARCOプロデュース
題名 オケピ!
公演期間 2003/03/07-2003/04/20
作/演出 三谷幸喜
出演 白井晃、天海祐希、戸田恵子、川平慈英、小日向文世、寺脇康文、小林隆、相島一之、温水洋一、小橋賢児、瀬戸カトリーヌ、岡田誠、布施明
劇場 青山劇場(表参道)
観劇日 2003/3/16(ソワレ)

<<ストーリー> >

オケピ即ちミュージカルのオーケストラピットの中の物語。妻を同じオーケストラ仲間に取られ、しかしハープの女性とちょっといい関係というコンダクターを始めミュージカルの開幕直前から閉幕までの間に巻き起こるオーケストラピットの中での人間模様。

<<感想> >

布施明さんもいい。確かに、この部分の感想は前回と重複するが、布施さんの良さは前回観劇時と変わらず素晴らしい。このミュージカルの屋台骨というか背骨といった感じ

が、今回は、相対的には布施さんの良さよりも他の出演者がすごく良くなっている事が今回は目に付いた。

寺脇さんは、前回見たときには、独唱の時も声もかすれ気味で、少しミュージカルに不向きとまでは言わないまでも、岡田さんや布施さんに比べるとどうしても見劣りしてしまうなと感じていたが、今回は独唱(かなり反ミュージカル的だが楽しい曲)を見事に見せてくれた。

天海さんの男っぽいヒロイン像は、その男っぽさがますます拍車がかかっているような気がするが、それだけにふと見せる女っぽさが妙にかわいい。恐らく今回の舞台では、男女まぜて身長の高いほうから並べるとおそらくベストスリーには入るだろうと思われる大柄さがそのかわいさとのミスマッチを起こしていて妙におかしい。コメディエンヌとして彼女の可能性を感じるシーンが多々あった。

温水さん、小日向さん、相島さん、瀬戸さんの4人組の気の抜けたダンスも印象に残る。ミュージカルっぽくない人たちによって形作られているミュージカルの暖かさが伝わってきた。

 

[劇評]PARCO「オケピ!」@青山劇場

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です