[書評?]We b漫画の「みちくさ日記」が癖になる。

広告

web漫画、つまりweb上で公開されている漫画を時々読みます。

絵柄など、荒削りなものはアリますが、一方でアイデアなどがずば抜けていてとてもおもしろく読める作品が中には多数あります。

既に、web上にはなくなってしまいましたが仮面ライダーの世界感をうまく使った「ハイブリッド・インセクター」だとか、商業漫画へ見事に転身した「ワンパンマン」や「役職ディストピアリ」なんかも、原作の頃から読んでいました。

今回たまたま読んだWeb漫画が、かなり衝撃的だったので、紹介します。

道草晴子「みちくさ日記」

13歳で、「ちばてつや漫画賞」を受賞し、14歳で発狂(!?)した作者の半生。「人生出オチ」と自嘲する作者の漫画は、その絵も文字も超独特、。

最初は、とっつきにくい感じがありましたが、読み進むうちに、途中でやめられない魅力があります。作者がギャグ漫画志向だったようですが、とても笑えるような状況ではないのですが、笑ってしまいます。

連載作品なので、まだ途中なのですが、先が楽しみです!!

出版されたので、読みました!!面白かったです。(2015年追記)

 

役職ディストピアリ(1) (ヤングガンガンコミックス)
千賀史貴
スクウェア・エニックス (2015-02-25)
売り上げランキング: 36,367
ワンパンマン コミック 1-7巻セット (ジャンプコミックス)
村田 雄介
集英社
売り上げランキング: 31,540

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です