2週間に渡る執念の捜査の回で、あの小劇場女優さんが出演:福家警部補の挨拶第7回-第8回

広告

match-boxes先週、今週の福家警部補の挨拶は、前編/後編の二週間連続もの。犯人役の古谷一行さんは、警察の監察医の役なので、警察事情にも通じて裏の裏まで、考えられた隠蔽工作。先週のラストでは、福家警部補(壇れいさん)は、警察を退職か?というところまで追い詰められていました。今週は、執念の巻き返し。これまで、ちょっと壇れいさんの邪魔ばかりしていた稲垣吾郎さんや、柄本時生さんも壇れいさんが捜査の前線から外れてしまったので、活躍していました。

たくさんのマッチ箱の中から古谷一行さんが選んだマッチ箱が、決め手になりました。

古谷一行さんに殺されちゃう研修医の役をやっていたのは、NYLON100℃みのすけさん。なんか久しぶりにみたら随分老けてるなぁ、前見た時は若かったのにとか思いましたが、前見た時は僕も若かったので、単純にしばらくNYLONを見に行っていないだけでしたorz

助手役のちょっと綺麗な女優さん誰だろうと思っていたら、内田慈さんでした。舞台の劇評ではよく見ていたのですが、まだ舞台を見たことがなくて、どんな人なんだろうと思っていたら、まさかのドラマ出演を先にみることになりました。

舞台も見に行きたいなと思いました。

 

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
大倉 崇裕
東京創元社
売り上げランキング: 2,800

今回の「オッカムの剃刀」は、NHKでも一度ドラマ化されたんですね。永作博美さん、小泉孝太郎さん、大杉漣さんがそれぞれ、福井警部補(壇れいさん)、二岡(柄本時生さん)、犯人(古谷一行さん)の役をやられたようです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です