是非 日本で凱旋公演を! 多田淳之介さん韓国で東亜演劇賞を外国人として初受賞

広告

かもめキラリ☆ふじみ芸術監督の多田淳之介さんが韓国の演劇賞を受賞されました。韓国の方との共同制作。

日本での東京デスロックなどの公演は、独特の演出で話題でしたが、是非この受賞作も日本で見てみたいなと思います。

 

韓国・東亜演劇賞 多田淳之介氏に演出賞=外国人初

ソウル聯合ニュース】韓国新聞社の東亜日報が主催する第50回東亜演劇賞の授賞式が27日、ソウル市内で行われ、日本の演出家・多田淳之介氏(37)が演出賞を受賞した。同演劇賞の本賞を外国人が受賞するのは初めてという。

 多田氏が演出し昨年10月に韓国で上演された韓日合作劇「かもめ カルメギ」は演出賞のほか作品賞、視聴覚デザイン賞の3部門で受賞した。

 同作品はロシアの文豪チェーホフの戯曲「かもめ」を脚色し、日本植民地支配下の朝鮮を舞台に人間模様を描く。脚色は韓国の劇作家、成耆雄(ソン・ギウン)氏が担当した。多田氏と成氏は2009年から毎年、韓日共同作品を公演するコラボを続けている。

この作品是非とも日本で凱旋公演をお願いしたい….とても興味があります。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です