[演劇賞]第54回紀伊國屋演劇賞は、団体賞が桟敷童子でした!!

広告

毎年このブログで記事にしている紀伊国屋演劇賞ですが、今年はずっーーーと応援してきた劇団が、受賞しました。めっちゃ嬉しいのですが、それはそれとして今年もいつものように受賞者、受賞団体を紹介します

第54回紀伊国屋演劇賞が発表されました

先日以下の記事で劇評を書いた時に触れてしまっていたので、少し記事をアップするのが遅れてしまいました

例年通り、桟敷童子以外の受賞者についても記事にしたいと思います。

団体賞 劇団桟敷童子

>「骨ノ憂鬱」「獣唄」の優れた舞台成果に対して。

いやぁ、長らく応援してきた劇団の受賞は嬉しいですが。 が、上記の桟敷童子の今年の作品の劇評書いてるの僕だけ…
いや、お客さんは多いしいい作品は作っているし、装置もすごいしもっとみんな見てほしい!!
と切に思っている劇団です。これを機会により人気劇団になるといいなぁ。

個人賞 村井國夫さん

>劇団桟敷童子公演「獣唄」における 梁瀬繁蔵 の演技に対して。

上記の桟敷童子の最新作の主演である村井さんが受賞されました

個人賞 土居裕子さん

>俳優座劇場プロデュース公演「音楽劇 母さん」における 春・鳩子、
>「音楽劇 人形の家」における ノーラ の演技に対して。

個人賞 松本祐子さん

>企画集団マッチポイント公演「ヒトハミナ、ヒトナミノ」、
>文学座アトリエの会公演「スリーウインターズ」の演出に対して。

ちなみに、上記の公演の感想も以下で読むことができます。

個人賞 亀田佳明さん

>文学座公演「ガラスの動物園」における トム・ウィングフィールド、
>新国立劇場公演「タージマハルの衛兵」における バーブル の演技に対して。

ちなみに、上記の公演の感想は以下のページで読むことができます

個人賞 広瀬すずさん

>NODA・MAP公演「『Q』:A Night At The Kabuki」における
>源の愁里愛じゅりえ/愁里愛の面影 の演技に対して。

まさかの舞台初出演で受賞です。
作品は、演劇感想文リンクでは9週に渡ってアクセス件数がトップだった下記の作品でした

以上 少し遅くなりましたが第54回紀伊国屋演劇賞の記事でした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です