[演劇賞]第53回紀伊国屋演劇賞発表。団体賞は文化座

広告

今年もこの季節がやってきました

第53回紀伊国屋演劇賞が発表されました。今年も団体賞、個人賞とも今年話題になった劇団、個人が順当に受賞したなぁという感じです

いつも、制作陣等裏方の方が受賞される部分も、衣装の方が受賞したのは少し珍しいかもしれません

この記事は、以下の紀伊国屋演劇賞の発表記事を元に記載しました

第五十三回 紀伊國屋演劇賞 決定のお知らせ

第五十三回 紀伊國屋演劇賞決定のお知らせ ◎ 団体賞 (賞状並びに賞金二百万円)  劇団文化座  「夢たち」「反応工程」「太陽の棘」の優れた舞台成果に対して。 ◎ 個人賞 (賞状並びに賞金五十万円)  野村昇史  演劇集団 円公演「藍ノ色、沁ミル指ニ」におけ…

団体賞は文化座

実は、未見の劇団です

劇団ホームページによると昭和17年に旗揚げされたという老舗中の老舗の劇団です

「夢たち」「反応工程」「太陽の棘」の優れた舞台成果に対して。

とのことです
「夢たち」については、感想文リンクにリンクがあります

「反応工程」は、今年のぶんはなく、2016年版は以下のリンクがあります

個人賞

野村昇史さん

以下の公演での演技にたいしてとのこと

段田安則さん

今年も舞台で(も)、大活躍する段田さんも以下の舞台の成果に対しての受賞とのこと

前田文子さん

以下の舞台の衣装の成果についての受賞です

長田育恵さん

最近、本当によく伺うお名前のように思います。以下の舞台の脚本についての受賞です

蒼井優さん

映像でよく見る女優さんなのですが、一度舞台で見てみたい女優さんの一人です
以下の舞台の成果による受賞です

以上 第53回紀伊国屋演劇賞についての記事でした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です