演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

楽しみな舞台!

野田版「桜の森の満開の下」の過去キャスト一覧

投稿日:2017/08/10 更新日:

最近、このブログへのアクセスを分析していると、2001年の野田地図版「贋作・桜の森の満開の下」の劇評記事へのアクセスが増えています。
アンテナが低くて恥ずかしいのですが、今月の歌舞伎座にて野田版の「桜の森の満開の下」が上演されているからですね。
せっかくなので、過去の公演の出演者をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

広告

野田版「桜の森の満開の下」とは

元々は、坂口安吾さんの同名小説から題名を拝借した「贋作・桜の森の満開の下」は、夢の遊眠社の舞台として1989年に初演を迎えました。内容は、原作の一部の話「「夜長姫と耳男」あたり+αの寓話劇。僕自身は、2001年に新国立劇場主宰、野田地図上演という形式版を鑑賞したことがあります。

…読んでいただければわかりますが、ワタシ的には大分評価の低い舞台です。ただ、代表作であることは事実で、この公演を含め過去に3度上演されており、今回の歌舞伎版は4度目の上演になります。

再演4度の配役比較表

以下の今回の歌舞伎版も含め、4作品の配役の比較表を載せます。(リンク先は、演劇感想文リンクです!)(敬称略)

  1989年版(夢の遊眠社) 1991年版 2001年版(野田地図) 2017年版(歌舞伎)
耳男  野田秀樹  ← 堤真一 勘九郎
オオアマ 段田安則 若松武史 入江雅人 染五郎 
夜長姫 毬谷友子 ←  深津絵里 七之助 
早寝姫 山下容里枝 星ともえ 京野ことみ 梅枝 
ハンニャ 松浦佐知子 川俣しのぶ 犬山犬子 巳之助 
ビッコの女 川俣しのぶ 高谷あゆみ 金子あい 児太郎 
アナマロ 向井薫 朱門みず穂 新悟
山賊 ー   – 虎之助 、弘太郎 
エナコ 川俣しのぶ 高谷あゆみ 福寿直子、石村実伽  芝のぶ
マネマロ 渡辺杉枝 小松正一 川端良香 梅花
青名人 羽場裕一 田山涼成 平沢智 吉之丞
マナコ 上杉祥三 羽場裕一 古田新太 猿弥 
赤名人 浅野和之 荒川良々  片岡亀蔵 
エンマ 佐戸井けん太 ←  大倉孝二

彌十郎

ヒダの王  松澤一之 野田秀樹  扇雀

配役の並び順は、以下の歌舞伎座のサイトを参考に作りました。

が、配役順や無くなった役など見ると、当然ながら大分内容が変わっていることが推察されます。

歌舞伎版では、耳男=勘九郎さん、オオアマ=染五郎さん、夜長姫=七之助さんとかなり重要どころのキャストが先頭3名に並んでいあすが、過去の舞台でそれと同等に重要な役どころと思しきマナコが、配役表上かなり後ろに来ているのが気になります。

勿論、同様に大事な役のヒダの王が、最後になっているので、並び順の始めが重要というわけではないのでしょうが、それにしても、初演時上杉祥三さん、再演時、羽場裕一さん、古田新太さんと遊眠社版では常に主役級をしていた人がやり、野田地図版でも常連の感があった古田さんの役が、歌舞伎版で配役表上、最後から4ツ目というのはちょっと解せません

歌舞伎特有の何か意味があるのでしょうか?

歌舞伎版がどうなっているか、楽しみではあります。

未だ、歌舞伎未体験の身としては、ちょっと気になる演目です。毬谷友子さんや深津絵里さんが演じた夜長姫を七之助さんがどのような妖艶さで演じるのか、2001年の公演版でも目をみはるほどの舞台演出が、今回の歌舞伎版でどのように演出されているのか、楽しみではあります。

 

残念ながら、演劇感想文リンクでは歌舞伎の感想は読むことができませんが、どこかのブログで見たら、様子を伺ってみたいと考えました。

猿之助さんのワンピースだけでなく、尾上菊之助さんも宮城聰さん演出で、マハ・バーラタをやるというニュースも本日飛び込んできました。歌舞伎界が新しいものを取り込む勢いはすごいですね。

尾上菊之助「試練と思い」ヒンズー教聖典を歌舞伎に

尾上菊之助(40)が東京・歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」(10月1~25日)で、インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」を新作歌舞伎「極付印度伝(きわめつきいんどでん) マハーバーラタ戦記」にして主演することが8日、分かった。インド作品を歌舞伎にするのは史上初の試み。

ク・ナウカ版のマハ・バーラタを2003年に見た身としては、こちらもかなり気になります。

 

感想記事は以下(2017/8/13追記)

演劇感想文リンクのリンク先の皆様の感想記事を以下にリンクしておきます(演劇感想文には、歌舞伎のリンク欄がないので)



マハーバーラタ(上) (第三文明選書)
チャクラヴァルティ ラージャーゴーパーラーチャリ
第三文明社
売り上げランキング: 53,431

広告

広告

-楽しみな舞台!
-


  1. […]  演劇とかの感想文ブログ 野田版「桜の森の満開の下」の過去キャスト一覧http://blog.kansolink.com/01engeki-kansolink/comming-soon/sakuranomori-all-casts/最近、このブログへのアクセスを分析して […]

  2. […]  演劇とかの感想文ブログ  3 tweets野田版「桜の森の満開の下」の過去キャスト一覧http://blog.kansolink.com/01engeki-kansolink/comming-soon/sakuranomori-all-casts/最近、このブログへのアクセス […]

  3. […]  演劇とかの感想文ブログ  3 tweets野田版「桜の森の満開の下」の過去キャスト一覧https://blog.kansolink.com/01engeki-kansolink/comming-soon/sakuranomori-all-casts/最近、このブログへのアクセス […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仲間由紀恵版「放浪記」楽しみですね。

「仲間由紀恵、放浪記で演出家ムチャぶり「でんぐり返し」4回転半!」 あの森光子さん主演で長らく上演されていた舞台「放浪記」を仲間由紀恵さんが引き継ぐんですね。仲間由紀恵さんの舞台というのはあまり記憶に …

風キャスト発表。過去の「髑髏城の七人」キャスト一覧と月キャストを大胆予測!

劇団☆新感線の「髑髏城の七人」、いよいよ3クール目の「風」のキャストが発表されました。 初演から2004までの上演時の捨之介/天魔王を一人二役でやる演出が帰ってくるなど、これも楽しみなキャスティングで …

ダルカラのエンゲキがタノシミ

スポンサーリンク 広告 目次1 ■王子小劇場のネーミングライツの記者会見記事が公開。2 ■え、谷さん、先生になりたかったの?3 ■来月の柿喰う客も捨てがたい。3.1 関連 ■王子小劇場のネーミングライ …

小劇場ホラーの傑作「人間風車」が楽しみ

スポンサーリンク 広告 目次1 東京千秋楽を観劇!感想記事を書きました!(2017/10/13 追記)2 近づいてきたので、過去のキャストをまとめてみました。そちらもどうぞ!(2017/09/19追記 …

no image

パラドックス定数「昭和レストレイション」再演を激しく希望します。

5月は結局一本もお芝居を見ておりません。こういうサイトをやっていてこのテータラクはどうなんだと自分でも思っておりますorz というわけで、演劇感想文リンクを作成しながら、読んだ先月の劇評の中で、面白そ …

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031