髑髏城の七人 極「修羅天魔」は、天海祐希VS古田新太の「シン・ドクロ」城

広告

髑髏城の七人 極キャストが遂に発表されました。天海祐希さん、古田新太さんの楽しみなタッグバージョンでその名も「修羅天魔」。過去のどの髑髏城とも違う別次元の「髑髏城の七人」になる予感。詳細や詳しく発表されていない配役予想及び過去に予測をした記事との比較を記事にします

極 髑髏城の七人は、やはり大人の髑髏城の七人でした

記事タイトルは、ようやく見た「シン・ゴジラ」に影響を受けております(笑)。遂に、髑髏城Yearの最後を飾る髑髏城の七人「極」の概要が発表されました。

IHIステージアラウンド東京での約1年続いたロングラン公演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』“Season花・鳥・風・月”。劇団史上初の試みとなるダブルチーム制での上演となる“Season月”の開幕を目前に控え、いよいよ最終を飾る“Season極”が始動。

物語も一新、主演に天海祐希を迎え、新感線の看板俳優・古田新太が迎え撃つ、『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”が出来上がった。
新たに紡ぐその物語の名は『修羅天魔(シュラテンマ)』
完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の<極楽太夫>、古田演じる<天魔王>の二人の愛憎劇。これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる。

天海、古田と共に、新生『髑髏城の七人』に挑むキャストには、いのうえ演出は『サイケデリック・ペイン』以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる福士誠治、同じく初参加の竜星涼、新感線初の本格派時代劇『乱鶯』以来2度目の参加となる清水くるみ、2004年上演の「アオドクロ」に出演の三宅弘城、「アカドクロ」に出演の山本亨は共に14年ぶりに『髑髏城の七人』へ、そして2017年6〜9月に同劇場で上演した“Season鳥”では狸穴二郎衛門役で出演した梶原善の出演が決定。

予想が半分くらい当たった気分です!!

以下の記事を今年の8月。「月キャスト」が発表された時に「極」キャストを予想しました

途中(10月)に少し書きたした部分もあったのですが、それも含め予想(妄想)は一部今回発表された概要と一致しました!!

当たったポイント

  • 天海祐希さん、古田新太さんが出る
  • 天海祐希さんが極楽太夫をやる
  • 古田さんが、天魔王
  • 天海祐希さんが主役をやる
  • 大人の髑髏城になる

月が完全に外した事を考えると

かなりの的中率ですよ!!

但し、予想は2パターン(市川染五郎主役パターンと天海祐希さん主役パターン)を予測して、そのあわせ技による的中なのですが…

外したポイント

まさかの捨之介,無界屋蘭兵衛が消えた!

まさか、主役が交代するとは思えませんでした(上記の天海祐希さんが、主役パターンは、天海祐希さんが捨之介をやるという予想でした)
確かに、女性が捨之介という名前にはならないとはおもいましたが、極楽太夫を主役に据えるのは想定外でした

沙霧復活

てっきり、「月」キャストで、沙霧が蘭丸という男性キャスト版に変わったのは、天海祐希主役の際の布石と読んでいたのですが、天海祐希さんが主役になりながら、沙霧が復活しました

沙霧が捨之介を慕うシーンとかあるのですが、その辺どうなるのでしょうか(次の「月」でそれをどうするのかという点を見ればわかるのでしょうが)

その他諸々

当たり前ですが、その他のキャストはまったく当たりませんでした。個人的には、水野美紀=贋鉄齊は勝手な妄想の中では相当見たかったのですが、そこまで当たると逆に気持ち悪い…

髑髏城の六人なのか?

上記公演概要には、あらすじも記載されています

関東荒野に現れた一人の美女、渡り遊女の極楽太夫(天海祐希)。だが彼女こそは、かつて織田信長に最も信用され愛された凄腕の狙撃手だった。
 折しも関東では。髑髏の仮面で素顔を隠した第六天魔王(古田新太)が率いる関東髑髏党を名乗る軍団が難航不落の髑髏城を築城、豊臣秀吉の天下統一を阻まんと関東に覇を唱えその勢力を広げていた。
 その髑髏党に追われる熊木衆の少女・沙霧を行きがかりで助けた極楽は、関八州荒武者隊の頭目である兵庫の口利きで無界の里に身を寄せる。街道を旅する様々な諸事情を抱えた人々が出入りする色里・無界では、一番人気の若衆太夫・夢三郎がこの里を盛り立てていた。
 そこで極楽を待つ狸穴二郎衛門と名乗る牢人。彼は、極楽に天魔王暗殺を依頼する。二郎衛門の正体は徳川家康。信長を通じて極楽とも親しい仲だったのだ。
秀吉は天魔王討伐のために20万余の大軍を率いて進軍していた。関東で大戦が起きる前に天魔王を倒そうという策に乗る極楽。
 だが、彼女に狙われていることを知った天魔王は自ら極楽の前に現れその仮面を取る。その顔は、織田信長と瓜二つだった。
「貴様こそ信長公の仇」。極楽が銃口を向けたとき、天魔王は意外な真実を告げた。
 修羅の道を行く女と天魔の世を作らんとする男。二人の奇しき縁の歯車が再び回り出す…。

あらすじ読むと違う話みたいなんですが、これを髑髏城の七人とよんでいいんでしょうか?

何か進撃の巨人と進撃の巨人中学校くらい違う気がします

そもそもタイトルにある「七人」の中には極楽太夫も捨之介もいたわけで、捨之介が、いないと一人足りなくなってしまいます

まさか「髑髏城の六人」にはならないと思うので、だれかがその役を新たに担うのでしょう(誰なんだ!)

他の配役を予想

出演者は発表されていますが、極楽太夫=天海祐希さん、天魔王=古田新太さん以外は詳細な配役がまだ発表されていません
すぐに発表になるでしょうが、一旦現段階で予想してみます

当確

河野まことさん→裏切り三五

こちらは想定済みでした。前のブログに書いときゃよかった

今回の髑髏城の七人の花鳥風月シリーズでは、粟根さんと交互に裏切りものの役をやってるので月に粟根さん出てる時点でこのキャストはほぼ確定です
ちなみに、河野さんは1997年にこの役ができた時からやっている役者さんですので安定感もあります

清水くるみさん→沙霧

これは、出演者全体を見渡しても彼女しかいないです

劇団☆新感線の舞台では、「乱鶯」に出演経験があるそうです

ご本人も大好きとツィートされています

山本亨さん→狸穴次郎右衛門

これも年齢的に他に選択肢がありません。(超若くされる可能性や、梶原善さんが「鳥」に引き続いてという可能性もありますが…)

写真は乱鶯出演時のものですが、もう次郎右衛門としか見えません(笑)

その他は混沌

抜かずの兵庫は三宅弘城さん?

三宅弘城さんが有力な気がします

ある程度バカで一本気な男性という役なので、三宅さんが一番イメージできるかな

過去の兵庫役としては、鳥の福田転球さんと同じ歳なのですが、極楽太夫も今回はそれなりの年齢なのであり….なのか?

演技を見たことがないのでわかりませんが、福士誠治さんという可能性もあります。写真見る限りかっこよすぎるのが気になります

贋鉄齊は、梶原善さん?

実は、今回のキャスティングの中には、過去に贋鉄齊をやった役者さんが二人います
一人は、「アカドクロ(2004)」で、梶原善さん。そして同年に上演された「アオドクロ(2004)」では三宅弘城さんが演じてます
正確には、三宅弘城さんの役は「カンテツ」という老人贋鉄齊(逆木圭一郎さん)の助手だったわけですが

そういった意味では三宅弘城さんが遂に贋鉄齊に昇進するという可能性もあるのですが、抜かずの兵庫とのバランスを考えると、結果としては梶原善さんが再登板の方が可能性が高いように思います

若手イケメン俳優の配役は???

竜星涼さん

福士誠治さん

今回、主要キャストとして若手のイケメン俳優が後2人発表されています

福士誠治さん(34歳)と竜星涼さん(24歳)です

前述したように、髑髏城の「七人」にするためには、新キャラの登場が必要でその役をどちらかが担うのかもしれません

ちなみに、福士誠治さんが、上記のいずれか(例えば抜かずの兵庫)とかになった場合、この予想全体が瓦解します(笑)

史実的に納得感の高いキャスト

史実の信長の死亡時の年齢(48歳説が有力)から考えて、天魔王が50過ぎという設定が一番しっくりくるし、今回の設定的には極楽太夫も近い年齢であるべき

そういった意味で大人な「シン・ドクロ」は、新しいだけでなく真に迫った髑髏城になる気がします

以上 髑髏城の七人 極キャスト版「修羅天魔」の公演概要発表と配役予測の記事でした

ちなみに、正確なキャストが発表されたらまたキャスト比較表アップデートします

過去の配役(1990年版〜2017年版(月キャスト)は、以下の記事を参考にしてください

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です