「フィガ郎」と「スザ女」の結婚物語。野田秀樹版「フィガロの結婚」初演迫る!

広告

先日「エッグ」のフランス公演を成功させた野田地図野田秀樹さん、今度は本格的なオペラ作品を手がけるようです。初演は、今月26日に金沢にある金沢歌劇座!舞台制作も大詰めを迎えているようです。

県内で選出♪合唱団意気込み 新オペラ誕生 喜び歌う

野田秀樹氏「フィガロの結婚」楽しみ

野田秀樹さんは、2004年にオペラ マクベスを上演していますが、今回は名作「フィガロの結婚」を舞台を長崎に移しての上演。フィガロ→フィガ郎、スザンナ→スザ女といういつもの言葉遊び的な名付けで、日本人キャストが演じるとのこと、歌舞伎演出の時もそうでしたが、「小劇場出身」らしい一風変わった演出が楽しめそうな作品ですね。

金沢、大阪、兵庫、神奈川等全国9都市での公演後、東京芸術劇場で10月に公演予定。残念ながら東京公演のチケットは完売のようです。orz

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です