私的三重県旅行ガイド【三重旅行-まとめ】

広告

2018年9月14日〜2018年9月17日まで、三重県の松阪、伊勢、志摩へと旅行に行きました

あまり欲張らず、それでいて各所で一番行きたい場所に立ち寄れたので、満足のいく旅になりました

既にいくつか記事は書きましたが、総仕上げ的な意味でいったんまとめます

個々の記事では触れきれなかった各所の印象に残ったものも合わせて載せておきます

三重県を観光旅行するなら外せない三都市?

異論はあると思いますが、今回は「松阪」に行きたいというところから旅行プランをはじめました
その際に、次の優先順位として出てくるのは、僕の場合伊勢、及び志摩でした(伊勢志摩って既にセットなイメージありますよね)

伊勢は伊勢神宮がメインで考えました。志摩は悩んだ末に(賢島とかも行ってみたかった)スペイン村をメインに据えてプランを組みました

ルートは、伊勢→松阪→志摩という順番で回りました
順当に考えれば、松阪→伊勢→志摩が順当と思いますが、旅行期間が平日+3連休というプランで、この中で一番の観光地「伊勢神宮」を平日に回りたいのと、後述するしまかぜに最初に乗りたいのとを考えた上での「逆走」込のプランとなりました

東京から行くならば、伊勢へ行くルート

私の身近の方々にヒアリングしたところ伊勢ならば「深夜バス」を利用するという意見が多数を占めました
以下のバスですね

新宿駅(バスタ新宿)を24時出発で、翌朝8:55に到着という便(2018年9月現在)があります。
深夜バスにチャレンジするにはちょうどよい機会ですし、現地伊勢での観光時間がたっぷりとれるのも魅力的だと思ったのですが、結局早起きして新幹線&近鉄特急「しまかぜ」を利用するプランにしました

これでも、昼過ぎには伊勢に到着できます
ちょうどよい時間なので、そのまま駅前で伊勢うどんを頂きました(観光ガイドにも載っているお店で山口屋さん)

Iseudon

そういえば、昨年の長野旅行の際もニシンのせてそばを食べた気がします

平日であれば、伊勢神宮は午後いっぱいで十分に回れる

伊勢市では当然ながら、伊勢神宮のお参りをしました。お賽銭に困ったので、記事にまとめました

ちなみに午後到着というプランであったため、不安はあったのですが伊勢神宮は、外宮、内宮+α程度であれば、午後だけで十分まわれます

具体的には、午後13時くらいに外宮をまわりはじめて、内宮→猿田彦神社→月読宮を周り最後に近鉄線(山田五十鈴駅→伊勢市)にのれば、18時前には駅前の宿に戻ってこれます

泊まったのは、日の出旅館という駅から徒歩5分という絶妙の場所にある旅館でした

Hinode

素泊まりのみという潔さで破格のやすさでありながら、バリアフリーにも気を使われていて、風情のある部屋(掛け軸や窓の建具)でなかなか良い宿でした

松阪は、土曜日でも閑散

9/15(土)に訪れた松阪は、予想通り観光地然としておらず閑散としていました(ごめんなさい)

でも、観光名所は意外にあったので、まとめました

なお、上記では3つに絞っておりますが、近江商人の屋敷もなかなかの見どころで、大正末期の長者番付のようなものが貼ってありました

松阪商人が多いのはもちろんですが、その他各地の金持ちが載っていました。先日見た芝居の主役である鈴木商会の女社長「鈴木ヨネ」さんや、現副総理麻生太郎氏のおじいさん麻生太吉さんなどの名前が見つかりなかなか見ごたえがありました

閑散としていてくれたおかげで、どの観光地もゆっくり見ることができました(笑)

松阪から志摩へは適当な時間にやってきた近鉄の特急列車に載ったのですが、これもしまかぜに負けずかっこいい車体でした(名前は知らない)

Kintetsutokkyu

志摩スペイン村に行くならホテル志摩スペイン村に泊まりましょう

志摩スペイン村は、鵜方駅という駅から15分くらいバスに乗って行く場所ですが、事実上周りにほとんど他のホテルはなく、スペイン村以外の飲食施設はありません

このあたり行ってみないとわからなかったのですが、行ってみてその陸の孤島ぶりに驚きました

車等での移動をする予定がない場合、基本歩いて移動できる範囲にあるホテル志摩スペイン村に泊まるのがベストだと思います

かつ、夕食はつけておくべきです!!!!

実は、旅行中の夕食は、その地場のお店で食べたいので、ホテルで夕食をつけることはないのですが、スペイン村は他に本当に食べるところがありません

そのため、ホテルチェックイン時にフロントの方が気を利かせて夜のホテルの食事の手配をしていただいたのは本当に助かりました

ハウステンボス(長崎オランダ村)に行ったときもパーク内のホテルに泊まったのですが、そのときはパーク内の居酒屋で夕食を取れたのですが、スペイン村はこの時期18時閉園!

同じような考えでいるとえらいことになるところでした

部屋はきれいで温泉までついている

ちなみに、部屋やホテルの内装はきれいで居心地の良いホテルでした

Hotelroom

夕日がきれいに見える露天風呂(ひまわり湯)付きのプランだと、温泉も楽しめてホテルだけでも十分に満足できるホテルでしたし、スペイン村の入場券も通常大人1日5800円のところ、ホテル宿泊者であれば、2日間券が3300円で買えるのもお得ポイントでした

美味しいパエリア、その後はバーでシェリー酒

ホテルのスペイン料理店では、パエリアを頂きました。伊勢海老がのっているという豪華版もありましたが普通のパエリアにしましたが美味しかったです

Paeria

何故か、伊勢の地場ビール「神都ビール」をこちらでいただきました(伊勢で飲む機会がなかった)

Shintobeer

夜は、同じホテル内のバー「カルメン」にてシェリー酒を頂きました

Shelly

カルメン開店時間(20時)からかなり遅くまで居たのですが、私達以外にお客様は来ず。ホテルは満室近かったようですし、レストランも満席に近かった事を考えると、家族連れなどバー需要は少ない模様

ちなみに、昼間にいったスペイン村は圧巻のフラメンコショー等もあり、志摩の観光地としては大人であってもお薦めです

以上 2018年9月に行った三重県旅行のまとめ記事でした

ちなみに、今回の旅行は以下のガイドブックに結構おせわになりました

見逃してしまったものも多いので、また行きたいなぁ(松坂牛のステーキも食べたいし…)

るるぶ伊勢 志摩'19 (るるぶ情報版)
ジェイティビィパブリッシング (2018-03-13)
売り上げランキング: 14,338

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です