[劇評]ラッパ屋「裸でスキップ」@THEATER/TOPS

広告

約三年ぶりの公演。でも場所はやっぱりTHEATER/TOPS
久方ぶりに見たが、面白さは健在。ただ、久しぶりの公演のせいか、全てのキャストに花を持たせる演出は、少々やりすぎな気がする。
下町を舞台としたこういう悲喜こもごもの話は結構好きかも。木村さん、三鴨さんのラブストーリーという設定も、違和感なし。元々恋愛ものは苦手だけど、この芝居の雰囲気は良かった。
何故か、木村さんではなく三鴨さんに感情移入をしてみてしまった。酒を飲むと記憶を失うあたりに共感するものが多いせいか

劇団 ラッパ屋
題名 裸でスキップ
公演期間 2004/01/03〜2004/01/25
作/演出 鈴木聡
出演 三鴨絵里子、木村靖司、岩橋道子、おかやまはじめ、俵木藤汰、宇納侑玖、武藤直樹、岩本淳、熊川隆一、大草理乙子、弘中麻紀、福本伸一
劇場 THEATER/TOPS(新宿)
観劇日 2004年1月24日(ソワレ)

【ストーリー】

下町の家具工場。景気は良くないというかはっきりいって傾きかけたこの工場の椅子職人の女性(三鴨)は、よった勢いで、区役所に勤める男性と意気投合する。きっかけはそうだが、やがて二人は、結婚し、お互いのあまりの価値観の違いにすれ違い….

【感想】

のっけから、三鴨さんのセミヌードでスタート。座席が最後方だったのを後悔。

しかし、いつもの荒っぽい感じが、何故かかっこいい。

木村さんは、いつものギスギス感がなく、意外にもほんわかした感じが結構はまっている。

他の役者さんも魅力的だが、結局、今この劇団で一番目が離せないこの二人が主役という配役には納得。

平平凡凡とした人生を是とする、木村さんとどうしてもそれに耐えられない三鴨さんのセリフの応酬にジーーーンとくることしきり。

三鴨さんの叫びが、なんだか若いころの自分の内面の声とあまりにも似ていて、気恥ずかしくなる。

結局、それを包み込む木村さんがめちゃくちゃかっこよく見える。ラストシーンの毛布に包まるシーンは印象的だった。

なんかみんな楽しんで作ってるんだろうなという雰囲気が伝わってくる。

岩橋さんや、福本さんのわけわかんない奇声や、弘中さんのわけわかんないキャラクタ設定が、面白すぎて時間を忘れた。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です