[劇評]PARCO「彦馬がゆく」@PARCO劇場

広告

時代劇、暗転の多様など、今までに見た三谷作品とは違う雰囲気の芝居。しかし、休憩を挟んで3時間半にいたる舞台は、テンポもよく、計算されつくされた物語で、見ていて時間を忘れた。

劇団 PARCOプロデュース
題名 彦馬がゆく
公演期間 2002/01/08~2002/03/31
作/演出 三谷幸喜
出演 筒井道隆、酒井美紀、伊原剛志、松金よね子、小日向文世、松重豊、梶原善、阿南健治、温水洋一、本間憲一、大倉孝二、瀬戸カトリーヌ
劇場 PARCO劇場(渋谷)
観劇日 2002年2月2日(マチネ)

<<ストーリー>>

幕末、唯一の写真師神田彦馬の写真館には、さまざまな人が出入りする。攘夷、開国入り乱れた人々が出入りし、家族の人生を巻き込み、彦馬はたんたんと彼らの写真を取り続ける。しかし、官軍はついに江戸に入り、彦馬の写真館も戦火に巻き込まれる。

<<感想>>

過去に見た三谷作品のどれとも似ていない、特徴的な芝居。テンポもよく、伏線がしっかり張られている計算されつくされた脚本で、見ていて時間を忘れた。

いつもの三谷舞台に比べれば、若干笑いが少ないような気がしたが、それでも「幕末動乱大河コメディ」の名に恥じない上質のコメディになっている。

しかも、キャストがほとんど非のつけようのないぐらい、ぴったりきている。松重さんの竜馬はかっこよくてはまりまくりなのだが、それ以上に温水さんの西郷、梶原さんの桂、大倉さんの伊藤博文なんては、常識的な歴史上の人物感が完全に覆される面白さで、出てくるたびに爆笑しっぱなしだった。

既に3回目の上演。前は東京サンシャインボーイズで上演と聞いていても、今回の上演キャストを見てしまうと他のキャストが思いつかない(もっともはまっていると思った梶原さんと、阿南さんは前の公演でもおなじやくだったようですが)くらいはまっている。特に、伊原さんの能天気な兄貴役、筒井さんの几帳面な弟役、そして飄々としながらも芯の強い父親役の小日向さんといった面々はすばらしかった。

最後は、唐組を思わせるような屋台崩し。最後まで意表をつかれ続けた舞台だった。

広告

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です