Dr倫太郎 レギュラーキャストの舞台出演歴をまとめました。

広告

Dr倫太郎 今週の話は、レギュラー陣のキャストに色々と変化のある回でした。内田有紀さんの子供役の子の最後に見せる心情にうるっと来てしまいました。

というわけで、今週はレギュラーキャストの方の舞台出演歴をまとめてみました。(リンク先は演劇感想文リンクです!)

 

堺雅人さん

早稲田大学の演劇サークルが母体の東京オレンジの看板役者さんでした。舞台出演歴は多数ありますが、最近はテレビ等映像での活躍が目立ちますね。

長塚圭史さん

阿佐ヶ谷スパイダース/葛河思潮社の主宰として、多くの舞台の作・演出だけでなく出演もされています。

内田有紀さん

舞台出身というわけではありませんが、一時期つかこうへいさんに師事し、北区つかこうへい事務所に所属されていました。凛とした存在感が印象的な女優さんでした。

高橋一生さん

扉座の俳優さんで、扉座の舞台「フォーティンブラス」(2001年)で、準主役デビューされています。その後も様々な舞台を経験され、最近は映像への出演が増えてきたようです。

小日向文世さん

オンシアター自由劇場の俳優さんでした。自由劇場の解散後も、多数の舞台に出演されていて、朝の連ドラをはじめ、テレビの露出も多くなりました。

石橋蓮司さん

劇団第七病棟の主宰です。劇団第七病棟では、唐十郎さんや山崎哲さんの脚本を上演し、多くの舞台では演出もされています。

松重豊さん

東京サンシャインボーイズを経て、蜷川幸雄さんの事務所(蜷川スタジオ)に所属されていました。舞台作品には多数でていらっしゃいます。僕にとっての初見は、東京グローブ座のシェイクスピア劇だったはずです。(題名忘れた)

高畑淳子さん

劇団青年座で舞台デビューを果たされた女優さんですが、映像の活躍も多いですね。

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です