2014年1年間のアクセス・ランキングまとめてみた

広告

昨年一年間のトータル・アクセスランキングをとってみました。

asahi■公演編

今年の話題は、やはり第三舞台の「朝日のような夕日をつれて2014」でしたが、アクセスランキングもその傾向がはっきりしました。例年だと、新感線作品がトップになるのですが、今年は2位に甘んじましたね。

  1. 「朝日のような夕日をつれて2014」(サードステージ)
  2. 「蒼の乱」(劇団☆新感線)
  3. 「太陽2068」(シアターコクーン)
  4. 「THE BIG FELLAH ビッグ・フェラー」(世田谷パブリックシアター)
  5. 「紫式部ダイアリー」(PARCO劇場)
  6. 「ラストフラワーズ」(ヴィレッジプロデュース)
  7. 「オーシャンズ11」(梅田芸術劇場)
  8. 「夜中に犬に起こった奇妙な事件」(Quaras)
  9. 「もっと泣いてよフラッパー」(シアターコクーン)
  10. 「皆既食」(シアターコクーン)
  11. 「冬眠する熊に添い寝してごらん」(シアターコクーン)
  12. 「火のようにさみしい姉がいて」(シス・カンパニー)

 

■劇団編

新感線の強さは圧倒的でした。公演のランキングでいくつかの作品が入っているコクーンも、地力を見せた感じです。月刊「根本宗子」が4位はすごいなぁと感心します。

  1. 劇団☆新感線 最新作「蒼の乱」他
  2. シアターコクーン/Bunkamura 最新作「皆既食」他
  3. 演劇集団キャラメルボックス 最新作「太陽の棘 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう」他
  4. 月刊「根本宗子」 最新作「あの子と旅行行きたくない」他
  5. シベリア少女鉄道 最新作「ほのぼの村のなかよしマーチ」他
  6. イキウメ 最新作「新しい祝日」他
  7. 唐組 最新作「紙芝居の絵の町で」他
  8. ナカゴー 最新作「森」他
  9. マームとジプシー 最新作「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと———-」他
  10. ワワフラミンゴ 最新作「ホーン」他
  11. 新国立劇場 最新作「星ノ数ホド Constellations」他
  12. 世田谷パブリックシアター 最新作「炎 アンサンディ」他

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です