Windows使いの僕がmacを買って最初にやったこと−日本語入力環境編

広告

とりあえず、キーボード入力に違和感が無くなったので、日本語入力環境を整える。仕事でウィンドウズを使い続けるのは間違いないので、mac上でもWindowsに似た入力環境やブラウザ環境を用意したい。

・Google 日本語入力のインストール

・AZIK入力方式への変更

を行った。

■Google日本語入力のインストール

macには元々ことえりというIMEが入っていますが、Windows側と操作性を一致させたいということもありGoogle日本語入力をインストールしました。

https://www.google.co.jp/ime/

こちらで、インストール。特にOSを選ばなくてもダウンロードをクリックすると自動的にmac版がダウンロードされました。

googlejapaneseinputpkg

ダウンロードされたファイル( googlejapneseinput.dmg)をクリックすると、こちらの画面が開きます。.pkgファイルがインストール用のファイルのようです。こちらを再度クリック。

install-screenインストール時にパスワードを聞かれます。一瞬なんのパスワードを入力するのかわかりませんでしたが、AppStore等で入力するアップルIDのパスワードでした。

 

■ローマ字入力のAZIKへの変更

ローマ字入力ですが、私はAZIKという入力方式を利用しています。通常のローマ字入力に比べて打鍵数が減らせるということで、数年前から使っていますが、確かに入力時のストレスが減っている気がします。

導入も、それようのテキストファイルをローマ字テーブルとして取り込むだけでOKです。

以下のサイトからローマ字テーブルのテキストファイルをダウンロードしました。

Google日本語入力で「AZIK」入力法を使う−未来情報産業ブログ

AZIKについても詳しく記載されています。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です