中国製加工食品の禁輸措置を!

広告

BSEの騒ぎの時あれほど、米国産牛肉の禁輸措置を決行した政府が、なんだか中国産食料品についての措置が遠慮があるような気がします。

「天洋食品から輸入、ギョーザ以外の製品でも19社」

被害は確実に広まっているように思います。

「店頭、消える「中国製」・ギョーザ被害」

外食、中食を問わずしばらく餃子、ロールキャベツ、シュウマイ等このような会社のリストに乗っている食品を食べる事ができないなぁと感じます。

「ギョーザ中毒問題、中国外務次官補「大変遺憾」・高村外相に」

大変遺憾とか悠長に構えてる場合か。即刻禁輸してもいいくらいの事情じゃないのか?

BSEだって発見されて即禁輸だったと思ったのだが、この違いは何なんだ?

食生活は未曾有の危機に直面していると実感します。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です