[劇評]THEATER1010「秘密の花園」@シアター1010

広告

なんだか、ちぐはぐな感じがずっと残った芝居でした。唐の名作と三田佳子さんを初めとするベテラン俳優陣のコラボレーションにちょっとした怖いものみたさと期待を込めていったのですが…..

劇団 THEATER1010プロデュース
題名 秘密の花園
公演期間 2006/04/15~2006/04/30
唐十郎 演出 三枝健起
出演 三田佳子、松田洋治、大澄賢也、金 守珍、十貫寺梅軒、パンタ、岡田栄美、中田寿輝、青山さゆり、大鶴美仁音、大久保鷹
劇場 シアター1010(北千住)
観劇日 2006年4月30日(マチネ)

【ストーリー】

都会で働く男(アキヨシ)は、結婚している女性(一葉)に惚れ、その家に通う日々。働かない夫とともに夫婦は生活をアキヨシに頼る日々。そんな折、アキヨシが転勤し、関西で結婚することを聞かされた、一葉は、便所で自殺を図る…..

【感想】

もともと既に唐組の最近の再演を二回(1998年 1999年)とも見ていました。主役のイメージは、飯塚澄子さんという元唐組の女優さんで占められていました。なんで、三田さんがこの役をやるというのを知ったときには、あまりのギャップに見るかどうか結構悩みました。

見た感想はやはり、この役に三田さんはさすがに合わないと感じました。後、20年若ければわかりませんが、さすがに松田洋治さんの恋人役は無理があります。

キャバ嬢の一葉役の時が一番つらいと感じました。双葉のときは、結構かっこよい女性という役ということもあり、まだ見れますが。

熱演であっただけに、役とのギャップは覆いがたいもののように思いました。勿論、僕の中に飯塚さんを初めとする若い女優さんによる演技の固定概念が出来ていたことが原因だとは思いますが。

この三田さんの役へのギャップだけではなく、全体に唐十郎ワールドを出そうとしていつつそれがなかなかうまく出てこないもどかしさのようなものを強く感じました。

変な喩えですが、レアルマドリードの選手がキックベースボールを一生懸命やっているような感じです。一人ひとりの方がどんなに優秀でも、別のルールの世界でとても苦労している感じがしました。

観客も、そういったアングラちっくな雰囲気になれていないのかもしれません。

唯一アングラ界(?)から参戦の大久保鷹さん、金守珍さんもなんだか浮いてました。

音楽しか知らなかったPANTAさんの演技も期待していたものほど切れている印象はありませんでした。

良かったのは、松田洋治さんと舞台装置でした。

松田洋治さんは、素晴らしい役者さんで、全体をまさにひっぱる役どころでした。アキヨシ役が主役だとは唐組版を見たときには思いませんでしたが、今回の舞台では明らかに彼が主役でした。

朝倉摂さんの舞台装置も、唐組ではみることができない世界感の広がりを見せていただきました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です