[劇評]劇団☆新感線「阿修羅城の瞳」@新橋演舞場

広告

 

やっぱすごい!期待を裏切らない傑作。歌舞伎界の市川染五郎さんと宝塚界(元か)の天海さんの丁々発止のやりあいは、すごすぎ!。劇場に入るときに期待で身震いするのを感じる舞台も珍しいが、終わったあともその期待が裏切られなかったのは稀有の経験。

劇団 劇団☆新感線
題名 阿修羅城の瞳
公演期間 2003/08/07~2003/08/30
中島かずき 演出 いのうえひでのり
出演 市川染五郎、天海祐希、夏木マリ、高田聖子、橋本じゅん、右近健一、山本カナコ、保坂エマ、黒石えりか、山田麻衣子、川原正嗣、前田悟、河野まさと、村木仁、インディ高橋、河野まさと、吉田メタル、礒野慎吾、Taki、麻見奈央、横山一敏、藤家、剛、小市慢太郎、近藤芳正、伊原剛志、船橋裕司、佐治康志、フランキー仲村、武田浩二、松本錦次、三住敦洋、松本染二郎、和田三四郎、阿波連朋子、武田みゆき、高橋志穂、栗原紀美、白川亜希、柳田陽子
劇場 新橋演舞場(新橋)
観劇日 2003年8月23日(ソワレ)

【ストーリー】

江戸市中に魑魅魍魎の鬼が、夜行する幕末期。鬼御門は、鬼の追撃にやっきになっていた。鬼達は、彼らを救うといわれる阿修羅の復活を心待ちにしていた。5年前に鬼御門を離れた出門は、歌舞伎の作家、鶴屋南北の元で町人暮らしに甘んじていたが、盗賊のつばきをかくまう羽目になり…

【感想】

3年前に見たときは、そのあまりにも豪華すぎるキャスティングを当時絶好調だった巨人に喩えていやみを書いたのだが、今回はそういう野暮は言わない。(別に阪神が調子いいからではない)

とにかく身震いする舞台。新感線もので見るのは、実はいのうえ歌舞伎といわれるシリーズのみなのだが、特にこの舞台への期待は高かった。通常こう書くと、見終わった後の感想は「高すぎました」になるのだが、今回はそんなことがない。

前回、凛とした威厳が感じられず(声がかれていたせいもあるかもしれないが)不満が残ったつばき役が、富田さんから天海さんに交替したのは、大正解。

逆にかわいい町娘役が天海さんではどうかという不安も杞憂に終わり、美しい(かつなぜか腕っ節の強い)町娘像が見事に出来ている。ここさえできれば、阿修羅転生後の美しさ、かっこよさに心配はない。殺陣も含めて、かなりレベルの高い世界を見ることができました。身長も互角だし、最後あたりの二人の戦いのシーンは、かなり見ごたえのあるシーンに仕上がっていました。

また、伊原さん演じる邪空もかっこいい。独特の凄みが効き、見事な敵役。JAC出身というだけのことのある身のこなし、殺陣も決まるし、存在感もすごい。
こういった脇に固められて、それでも最高の華を持つのが主役の染五郎さん。恐ろしい役者です。これだけの役者に周り固められてかすむことなく、より華々しく際立つというのは、やはり血筋なのでしょうか。実は前半のおちゃらけが過ぎて、かっこよさが少し損なわれているような気がしたのですが、2幕に入りぐんぐんかっこよくなっていき、ラストシーンで頂点。
実は、鬼を救うという阿修羅の復活が、鬼の滅びを呼び込むならば、弥勒の復活による人類の救済とはという最後あたりの美惨のセリフは何故か心に残る。中島さんの脚本が好きな理由はこんな考えさせるセリフが随所にあることによる。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です