[劇評]アダム・クーパー「オン・ユア・トゥズ」@ゆうぽうと

広告

話題のアダムクーパーを見に行ったミュージカル。で、結局、アダム・クーパーしか見るものがなかった舞台。
ちょっと、会場の音響の悪さに辟易としたりしたし….

劇団 アダム・クーパー
題名 オン・ユア・トゥズ
公演期間 2004/04/28〜2004/05/18
ロジャース&ハート、ジョージ・アボット 演出 アダム・クーパー
出演 アダム・クーパー,グレッグ・ビチャリー,ガブリエル・ノーブル,ジェイ・ウェブ,マシュー・ハート,アンナ=ジェーン・ケイシー,サラ・ウィルドー,ジュリエット・ゴウ,ジリアン・ビヴェン,ラッセル・ディクソン,イヴァン・カヴァラッリ
劇場 ゆうぽうと(五反田)
観劇日 2004年5月1日(マチネ)

【ストーリー】

名門のダンサー一家であるドーラン家の三代目は、何故か音楽学校で、音楽教師として暮らす日々をおくっていた。ロシアから来た国立バレエ団で、曲折を経てその生徒の書いた新作が上演されることになり….

【感想】

アダム・クーパーが出るってんで見に行った舞台。それ以外の予備知識なしにいったので、一応ストーリーがあることにびっくりしていたのだが(なんとなく、ガラ公演のようなものをイメージしていた私)、もともと初演70年前というれっきとしたアメリカンミュージカル。確かになんとなく同時代を舞台にしたアメリカンミュージカルのクレイジーフォーユーを思い出す構成。

ステロタイプな劇場支配人とか、わがままな主演女優とか(でも、重くなりすぎると持ち上げられなくなるっていうくだりは、最近のニュースの影響で付け加えられた台詞だよね。きっと、70年前から合った台詞だとするとちょっとすごい…って確認のしようはありませんが)なんか、いかにもなストーリー展開が20年代ミュージカルしてます。

ただ、どうも全体にパンチが足りない気がする。もっとこう華やかさが欲しい!

おそらくは、助演陣のパワー不足が原因だと思うが、アダム・クーパーのかっこよさが目立つ結果になってしまった。(それはそれでいいのかもしれないが)

そのアダム・クーパーにしても、タップシーンのタップは無難にはこなしているものの、めちゃくちゃうまいというわけではないように感じた。(ダンスは滅茶苦茶うまいです。当たり前ですが)いや、タップの事を語れるほどタップみてないんですが….音響のせいだろうか…

そう、音響も気になった。ミュージカルなんか結構やっている劇場だと思うのだが、席の問題か、いまいち音が良くない気がした…

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です