[海外劇評]CABARET@Studio54

広告

昨年のブルックシールズ版とついつい比べてしまうが、結構違う部分があった。全体よりは、前回みたときより完成度が高かったような気がする。Salah役がCuteな感じでこの舞台にぴったりという気がした。

題名 CABARET
Booked By Joe Masteroff Directed By Sam Mendes
出演 Emcee … John Stamos
The Kit Kat Girls:
Lulu … Alison Ewing
Frenchie … Laura Sheehy
Texas … Penny Ayn Maas
Fritzie … Candy Buckley
Helga … Katrina Yaukey
The Kit Kat Boys:
Bobby … Michael O’Donnell
Victor … Jeff Siebert
Hans … Richard Costa
Herman … Fred Rose
Sally Bowles … Heather Laws
Clifford Bradshow … Rick Holmes
Ernst Ludwig … Peter Benson
Customs Official … Fred Rose
Fraulein Schneider … Polly Bergen
Fraulein Kost … Candy Buckley
Rudy … Richard Costa
Herr Schultz … Hal Linden
Max … Fred Rose
Gorilla … Laura Sheehy
Boy Soprano(recording) … Alex Bowen
劇場 Studio 54(Broadway NY USA)
観劇日 2002年07月16日(ソワレ)

<<ストーリー>>

アメリカからベルリンにやってきたClifford(Matthew Greer)は、電車の中でドイツ人のErnst(Peter Benson)に出会う。Ernstにベルリンのキャバレーにつれていかれ、そこの踊り子の一人Sally Bowles(Heather Laws)に出会ったClifは、恋に落ちる。SallyはClifの部屋に転がり込み、やがて妊娠が発覚する。そのころClifはErnstがナチスの党員であることに気づき….

<<感想>>

昨年のブルックシールズ版に続いて二度目の観劇。

主演女優の「」がとてもかわいい。昨年のブルックシールズ版では、このキュートさがちょっとなかった気がする。(いや、ブルックシールズがかわいくないというわけじゃないが….どっちかというと「かっこいい」というかんじなんで)

なんか、こういう人じゃないとこのステージのイメージである儚げな雰囲気が出てこないような気がする。

一幕ラストの婚約パーティのシーンは、前回とても印象に残った部分。無音で社交ダンスを踊る人々が、ハーケンクロイツが見えた瞬間に靴の音を踏み鳴らす。軍靴の響きににたその足音が、その後のストーリーを暗示する重要な演出。が!今回、この演出がいまいち。もっと軍靴っぽく足を踏み鳴らせば良いのに中途半端にダンスっぽい不規則な音になっていて、前回見たときのゾクゾクとした感覚が得られなかった。演出が変わってしまったのか、僕の思い出が美化されてしまったのか…

演出が変わったといえば、ラストシーンも変わっていた。前回は、Sallyが最後にシルエットを残して終わった気がするが、今回はEMCEEがナチの強制収容所のユダヤ人の服装で出てくるという終わり方。こっちのほうがメッセージが強く伝わってくると感じた。

前回は、テープル席からの観劇で、今回は2階席からの観劇。見る角度が違ったことにより劇場全体の雰囲気を感じながら見ることができた。この劇場の雰囲気はブロードウェイで一番だなぁと思う。この劇場の雰囲気にもう一度ひたるためにも再度来たいと思わせる劇場。

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です