[海外劇評]Harlem Song@APOLLO THEATER

広告

ミュージカルとしての筋はほとんどない。HarlemそしてAfrican American達の歴史を歌とダンスでつづったもの。黒人中心の出演者のソウルフルな(とはきっとこういうことをいうんだろうなと思わせるような)歌が心地よく響いた。

題名 Harlem Song
Booked By George C.Wolfe Directed By George C.Wolfe
出演 Rosa Evangelina Arredondo,Renee Monique Brown,Gabriel A.Croom,B.J Crosby,Rosa Curry,Randy A.Davis,Queen Esther,DeLandis McClam,Sinclair Mitchell,DanaShavonne Rainey,Stacey Sargeant,David St.Louis,Keith Lamelle Thomas,Charles E.Wallance
APOLLO THEATER(Broadway NY USA)
観劇日 2002年07月15日(ソワレ)

<<ストーリー>>

人種差別の偏見に苦しみ、Harlemに集まった黒人達。様々な偏見と戦い、ヒスパニックなど他の人々も受け入れ、Harlemは発展してきた。もちろん、荒廃した時代もあったが…

<<感想>>

ニューヨークには何度か訪れたことがあるものの、APOLLO THEATERを訪れたのは初めての経験。アマチュアナイト等にいつか来たいと思っていたのだが、思わぬ形でオフブロードウェイミュージカルの鑑賞という形で訪れることになった。

訪れて思うのは、いろいろな意味で歴史を感じさせる劇場であるということ。古いだけではなく重みがある。まぁ、座ったいすの肘掛の部分がガムテープで止めてあったり、席の表示の番号がランダムになってしまっているのはご愛嬌だが…

ストーリーはほとんどなく、歌とダンスそしてそれをつなぐ出演者達の簡単な台詞(ほとんどは、コンサートのMCのようなダイアログであったが)と古くからのハーレムの住人達の思い出を語るビデオのコラージュによる構成。その中で、<ストーリー>の中で語ったようなハーレムの歴史が語られる。

出演者もほとんどが黒人(多分一人だけダンサーの中にヒスパニックが混じっていたと思う)で、まさにハーレムならではといった感じのミュージカル。

ただ、黒人特有のなまりのせいか、発音のせいか、いつも以上に台詞の聞き取りには苦労をしてしまい、出演者のしゃべりがあまり理解できなかったのがとても残念。確かに、台詞が聞き取れなくてもあまりストーリー(というか流れ)を理解するのを妨げるものではないが。

一応ハーレムの歴史に沿って、歌やダンスもその時代その時代を映すものになっているのだが、僕自身があまりその辺の歴史に詳しくないこともあって、正直前半は少しついていけない部分があったのだが、まさに魂を揺さぶるゴスペルソングと現代的なストリートダンスが舞台を席巻する最後の30分くらいは夢中で舞台に惹きこまれた。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です