福田雄一監督「ヲタクに恋は難しい」@U-NEXT配信

広告

すごく楽しみにしていた作品でした。ところが、いざ見てみると全力で面白くない。ここまで面白くなかったのは久しぶりで、逆に衝撃的でした

公開時かなり気になっていたけど、行かなかった作品が配信されていた

そもそもラブコメはあまり得意分野じゃないし、この漫画はどっちかというと少女漫画の分野なのですが、随分前にネカフェでたまたま読んだら面白くてハマりました。
主要な役4名のキャラ設定が面白く、ヲタクに色々あるなと思いつつそのヲタクの推しにたいしての愛情を示す愛し方が面白い
で、原作に、高畑充希さん、山崎賢人さん、斎藤工さん、菜々緒さんがキャスティングされたという話を聞いて楽しみにしていました。ま、ぶっちゃけ山崎賢人さんの配役には、「 また漫画原作の実写化を山崎賢人さんか…」と思ったのは事実ですが🤣

結論として配役や原作云々以前にまったく面白くありませんでした 正直、映画館で見ていたら、途中で映画館を出たか寝ていたかもしれません。自宅で、配信でみていたので、(他のことに気を紛らわせながら見れたので)最後まで通して見ることができたような作品でした。

才能の無駄遣い

高畑充希さんといえば、ミュージカル出演も多数こなす、歌唱力にも定評のある女優さんです。豹変力もあるので楽しみな女優さんでした
キャラへの没入感も上々で、途中でヲタク全開の状態でしゃべる早口言葉のような妄想BL的な会話は相当良かったです
一方で、その歌唱力やダンス力を生かした途中途中で挿入されるミュージック&ダンスシーンは、彼女の歌唱力やダンス力を十分に発揮しているもののストーリーを追う上で邪魔にしかならない。ミュージカル映画は嫌いではありませんが、これは明らかに方向性が違うのではないだろうか?

山崎賢人さんも、キングダムで見たアクションを思い浮かべても体の動くイケメンでその上、演技力も高い。今回も、コミュ障のゲームオタクの雰囲気を見事に見せてくれました
が、そのアクション力が発揮されたのが声優イベントでの恐ろしいまでに統制のとれた「ヲタ芸」というのは….やはりもったいなさすぎると思いました
菜々緒さん、斎藤工さんも原作ではかなりキャラのたった役が配役されたのですが、ほぼ原作無視的な(それで面白ければまだしも、ほぼ見せ場もない…)役に改変されていて、せっかくの存在感が台無し
福田雄一さん監督(ということは、見終わって知りました)作品常連の佐藤二朗さん、ムロツヨシさん、賀来賢人さんという役者さんたちも個別にはとても力のある役者さんです。しかし、今回彼らのために用意されたオリジナルキャラは原作世界に対して邪魔であるばかりか、個々の個性を生かしているともとてもいえない役でした

福田さん血迷った?

個人的には、福田雄一さんの下記の舞台を見て、個人的にはクリエイターとしての福田さんの力量はすごいと思っています


が、今回ばかりはかなり外していたような気がします。

今回はU-NEXTで見ました

昨年一般公開されたばかりの映画ですが、早速見ることができました。
U-NEXTは、若干高めの月額設定ですが、ポイント還元があったりして実質負担も少なく、見れるコンテンツもかなり幅広いので、今の所満足しています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です