映画評「キングダム」@TOHOシネマズ錦糸町

広告

漫画原作をかかさず読んでいた「キングダム」の待望の映画化。めちゃくちゃ楽しみました。思わず続編を期待して、続編キャスト予想まで書いてしまいました

イヤー、やっと見れました

漫画をかかさず追っかけていました
NHKでやったアニメも見たし、いつか実写版を見たいと思っていました。
イメージ的には、2.5次元の舞台化あたりが、妥当かなと思っていました

映画にした場合に、バリバリの中国の歴史劇を日本語でやるのはなぁとか思っていたので、逆に映画はないかなぁとか思っていました

ところが、いざ映画になっていると見たくてしょうがない状態

映画は芝居と違って公開期間が長いこともあってついつい見逃してしまいがちだったのですが、今回は公開2ヶ月目にようやく滑り込みで見に行くことができました

ここからはネタバレします

物語は原作と忠実ながら、工夫は全ていい方へ

物語の舞台が、王都奪還編までと聞いて少し不安でした
長い連載の漫画で、王都奪還編はその後に続く物語の中ではわりと地味な部類に入ると思っていたので、もし映画にするためにはここを飛ばしてもっと盛り上がるところからやるかなとか思っていました

が、結果王都奪還編で大正解でした

とても原作に忠実ながら、いくつかの改変は加えられています
ただ、その改変は良い方に変わっているように思いました
とくに、漂が王宮に行った後どっちかというと日常の描写が多かった原作に代わって、信がひたすら自分をひたすら鍛え続けるシーンは印象的でした

短い映画の中で、主役の信の成長を印象づける名シーンのひとつでした

キャラクタの再現度がすごい

王騎が怖いくらい再現されている


大沢たかおさんの王騎は、すごい再現度でした
体重をこのために15kgを増やしたとのことですが、体重以上に台詞まわしや雰囲気がマジに王騎でびっくりしました

なにせ、原作での王騎は恐ろしいほどの存在感とそれに反したオカマ口調。普通にやってこれができる役者さんのイメージがつかなかったのですが…まさかの再現度で驚きました

一方で原作の騰は、コミカルなイメージが強かったのですが、さすがに今回はそこまで出している時間的余裕はなかったですね

楊端和の妖艶さと迫力


長澤まさみさんは大好きな役者さんで、昨年は舞台でメタルマクベスを見に行きました

今回は映画ですから大迫力でした
今回驚いたのは、殺陣のシーンでした、原作においては驚異的な強さを誇る楊端和ですが、長澤さんが実際にあんなに動ける役者さんとは驚きでした

漂/贏政の吉沢亮さんの気品


実はあまり知らない役者さんでした(朝ドラに出ているのは知ってます)
二役をとてもうまく演じ分けていました。なかなかですね。

ちなみに、昌文君などの主要キャラだけじゃなく、様々な役にかなり贅沢なキャスティングがされていて、力がはいっているのが相当伝わってきます。

端折るべきところは端折ってて潔い

逆に、バジオウ、タジフ、壁あたりの影の薄さは少々残念でした

ま、言葉の通じない設定なので字幕をだすわけにもいかず結果キャラクターを厚くするわけにはいかなかったので、バジオウ/タジフはしょうがないと思いましたが、壁はもうちょい頑張ってほしかった(ま、左慈との戦いでの活躍はよかったのですが)

結果として、登場人物のメリハリが聞いていて、中だるみなく最後まで行ったのは、映画としては成功だったのだとおもいますが。

続編を信じてキャスト予想!!

本日時点で、動員411万人、興行54億円超えと大ヒット状態
次ありますよね!!

というわけで、続編のキャスト予測(妄想)を行います。
ちなみに、ネット検索とかすればきっといろいろな予測があると思いますが、あえて一切そういうのを見ないで書きます(笑)

ちなみに、イメージは馬陽の戦いあたりまでは行くだろうという前提です( 個人的には、合従軍編までやってほしいです!!ただ、六部作とかになりそうな上に出演者数が壮絶に増えるので一旦はなしの方向で)

呂不韋(りょふい)


(原作ご存知ない方へ。後ろのヒゲの人が呂不韋)
草刈正雄さん
今回の映画では名前しか出なかったのに、超重要な役であることがはっきりしている呂不韋。
存在感と演技力を考えると、正直草刈さんしか思い浮かびません

羌瘣(きょうかい)


土屋太鳳さん
超絶な体の動きを必要とする必殺の暗殺者にして、信の盟友
体が動く女優さんとしては、舞台のPLUTOでかなり難易度の高いダンスを披露しており、演技力にも定評がある彼女がイメージです

尾平(びへい)

中村倫也さん
多方面から石が飛んできそうですが、彼のカメレオンぶりはドラマ/映画で思い知っているので、信の本当の意味で心を許す存在のひとりとして主要キャラをこなしてくれそうに思います

尾到(びとう)

竹内涼真さん
イケメン揃え過ぎかもしれませんが、やはり同じ村出身者という主要キャラ

蒙武(もんぶ)


佐々木蔵之介さん
呂氏四柱の一人にして、王騎につぐ超武闘派。少し頼りないかもしれませんが、彼のイメージにあっていると思います

昌平君(しょうへいくん)

高橋一生さん
ニヒルかつクレバーな感じが個人的にはフィットしそう

李斯(りし)

段田安則さん
文官としての卓越した能力を持ち、悪の方面で活躍するという設定にフィット感を感じます

麃公(ひょうこう)


香川照之さん
本能型の将軍にして、信にとっては道標の一人になる最初の戦場での将軍。

龐煖(ほうけん)

古田新太さん
今回の映画では、不気味かつコミカルな南方民族の刺客ムタを橋本じゅんさんが演じましたが、同じ新感線の看板、古田さんには不気味な強さんを持つこの役があうと考えています
新感線で殺陣もしっかりやっているし、(多分)体も動くという前提

李牧(りぼく)


小栗旬さん
知的な雰囲気、体が動き、演技が確か。かつ原作イメージから考えてもかなりのイケメン。存在感も含めれば、小栗さんにやってほしい

ちなみに、なんの根拠もない妄想です

でも、どんな配役になったとして是非続編は見に行きたいなぁ。
(もし続編制作決まったら、答え合わせをしよう)

以上 2019年春公開の映画キングダムの感想記事でした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です