[映画評]イン・ザ・ヒーロー

広告

inthehiro唐沢寿明さんの吹き替えなしのハードなスタント・アクションを見たくて劇場に行きました。思った以上にギャグシーンがなくて、大人になれない大人が成長する物語として、しごくまっとうなストーリーが展開される普通の話だった。(良くも悪くも)

<あらすじ>

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。(シネマトゥデイ)

 

<感想>

スーツアクターなんてかっこいいものじゃありませんが、遊園地でやってるヒーロー物のぬいぐるみショ-ーに入っていたりしたことがあるので、こういうテーマの映画、思わず感情移入してみてしまいます。

なんか、蒲田行進曲を思わせるところがあって、大部屋対一流といった対立軸が当初はあったのですが、すぐになくなりました。大部屋=スーツアクターという感じですが、福士蒼汰くんの心持ちの変化がなんか軽くて、おいおい、そんなにダメダメだった奴がいきなりまじめになるか?というツッコミがあったのですが、ま、それが主題ではないし。

目当てのスタントも、期待したとおりのすごいもので、本当にワンカットでとったとは思えないハードアクションの連続でした。マジで、息止めて見てました。

女性出演者が少ない中で、黒谷友香さん、もっと活躍しても良かったなとおもいました。

 

イン・ザ・ヒーロー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-11-25)
売り上げランキング: 25,932

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です