[演劇賞]2016年度佐藤佐吉賞発表!作品賞はあやめ十八番「雑種 花月夜」

広告

花まる学習会王子小劇場で昨年上演された舞台を対象に毎年1月に発表される佐藤佐吉演劇賞が発表になりました。(いやなってたんですが、色々仕事が忙しく取り上げるのが遅れました orz)

そもそも佐藤佐吉さんって誰?

演劇感想文リンクにも参加いただいている佐藤孝治さん(花まる学習会王子小劇場発起人)のブログで紹介されています。
佐藤佐吉演劇祭・佐藤佐吉賞の佐藤佐吉とは誰か

身内の方らしい微笑ましいエピソードも多いですが、佐藤佐吉さんという方の人柄がわかるとても楽しい文章です。

こちらのブログの中でも触れられていますが、高野しのぶさんのブログ「しのぶの演劇レビュー」(こちらも演劇感想文リンクにご参加いただいています。)でも佐藤佐吉さんの会社「佐藤電機株式会社」がメセナアワードを受賞した時のことが記事になっています。

【写真レポート】「メセナ アワード2008贈呈式・たたかう劇場賞受賞 佐藤電機株式会社」11/28スパイラルホール

僕も、改めて佐藤佐吉さんってそういえば誰だろうとか思っていたので、上記の記事とても参考になりました。

というわけで、今年の各賞受賞作は以下のとおりです。

⇒こちらのページを参照しました。「2016年度佐藤佐吉演劇賞

ここからは、リンク先は演劇感想文リンクです。

作品部門>最優秀作品賞「雑種 花月夜」

あやめ十八番雑種 花月夜」になりました。作/演出は堀越涼さんです。

尚、優秀作品賞は以下の4作品となりました。

劇団 公演名 作・演出
Mrs.fictions 「上手も下手もないけれど」 中嶋康太さん
劇団きらら ガムガムファイター 池田美樹さん
劇想からまわりえっちゃん 怒りは理由。悲しみはYES! 青沼リョウスケさん
シラカン 「永遠とわ」 西岳さん

脚本部門>最優秀脚本賞 中嶋康太さん

最優秀脚本賞は、Mrs.fictions中嶋康太さんの「上手も下手もないけれど」となりました。 その他の優秀脚本賞は以下のようになりました。

脚本家名 作品名 劇団

裕本恭さん

つきまとう教室 深夜ガタンゴトン

池田美樹さん

ガムガムファイター

劇団きらら

樋口ミユさん

「君ヲ泣ク」 Plant M

村田裕子さん

「線と油絵具」 LiveUpCupsules 

演出部門>最優秀演出賞はトクナガヒデカツさん

X-QUESTの公演「神芝居〜アリス・イン・ギガニッポンノワンダーランド〜」の演出でトクナガヒデカツさんが受賞しました。 尚、他の演出賞は以下のとおりです。

演出家 対象公演 劇団

越寛生

「緑茶すずしい太郎の冒険」 (劇)ヤリナゲ

大熊隆太郎

SQUARE AREA 劇団壱劇屋
堀越涼 雑種 花月夜

あやめ十八番

匿名◯希望 凝り性のサンタ、苦労する」「ちょべりばペット」  ピヨピヨレボリューション 

舞台美術部門>最優秀舞台美術賞 鎌田朋子さん

LiveUpCupsulesの作品「線と油絵具」の美術によって 鎌田朋子さんが受賞されました。

優秀舞台美術賞は以下のとおりでした。

スタッフ名 作品名 劇団

竹井祐樹さん

演劇 DULL-COLORED POP

岡田保さん

ハロウザディップ 演劇組織KIMYO

平山正太郎さん

「ラスボスのお城の前で」 アナログスイッチ

坂本遼さん

「ミセスフィクションズのまんがまつり」  Mrs.fictions

照明部門>最優秀照明賞は、加藤直子(DASH COMPANY)さん

万博設計の作品「苔生す箱舟」の照明に対して加藤直子さんが最優秀照明賞を受賞されました。

優秀照明賞は以下の通りでした。

スタッフ名 作品名 劇団名
黒太剛亮(黒猿) つきまとう教室

深夜ガタンゴトン

今西理恵(LEPUS) 「線と油絵具」

LiveUpCupsules 

若原靖(LICHT-ER) 神芝居〜アリス・イン・ギガニッポンノワンダーランド〜

X-QUEST

小野健(フリースター) SQUARE AREA  劇団壱劇屋

ちょっと、時間が遅くなったので残りは別の機会でまた、記事にします。(まだ、俳優/女優の賞がまるっと残っています。) 劇団きららが賞を取っているのが個人的にはうれしいです。僕自身、九州(福岡)で演劇をやっていたときに、熊本にある劇団きららが面白いという話を聞き及んでいましたし、それがまだ活動していて、東京で成果を残したというのは素直に嬉しいです(見てないけどorz)。昨年は、熊本は大変でしたが、是非また東京に来てほしいです。 この演劇賞のすごさは、スタッフ個々にも賞があることではないでしょうか?舞台美術、照明、衣装、音響、広告美術等なかなか脚光あびにくい人たちですが、彼らの力がないと芝居はできあがりません。そういった意味で、この賞はとても貴重な賞だと思っています。

広告

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です