【恒例】2022年年間アクセス数ランキング(劇団編)

広告

2022年1月現在、演劇感想文リンクには、3927の劇団が登録されています。(昨年から202の劇団が増えました)
その中で、2022年に演劇感想文リンク内でアクセス数の多かった劇団のランキングです

1位から10位

1位 東宝

さすがの東宝です。なんてったって上演数が桁違いです。2022年1年だけで20作品が演劇感想文リンクには掲載されています
が、実は年間アクセスランキングで1位をとったのは初です
ある意味、圧倒的にアクセス数を稼いだ公演がすくなかっただけかもしれません
2021年は5位でした

2位 シアターコクーン/Bunkamura

こちらも上演数の多い団体です。2022年は6作品の上演作品が演劇感想文リンクに掲載されています
2021年は4位でした

3位 PARCO劇場

PARCOプロデュースは、PARCO劇場が閉館していた期間もプロデュース公演を積極的に行っていました。2020年の再開後も劇場公演も含め多くの他劇場でのプロデュース公演も行っています
2021年は6位でした

4位 野田地図(NODA・MAP)

2021年は、2位でした。公演数は少ないものの、豪華なキャストで話題になる舞台が多く、上位常連です

5位 CUBE

2021年は29位で、かなりのジャンプアップ。話題の舞台がおおく、公演一位だった「夜来香ラプソディ」の公演が集めたアクセスが流れたものと思われます

6位 劇団☆新感線

一時は1位の常連でしたが、2021年は7位でした。豪華キャストで話題作を創るという意味では野田地図と似ています(作風は違いますが)

7位 神奈川芸術劇場

劇場プロデュースと言う意味では、PARCO劇場に似ていますが、作風はだいぶ違います。基本的には神奈川芸術劇場で上演されます(地方公演は除く)
2021年は10位でしたが、2020年はトップでした

8位 ゴキブリコンビナート

かなり特徴的な(言葉を選んでます🤣)舞台だという話は聞きます(観たことはない)興味本位のアクセスを集めているのでしょうか(好きな方、ごめんなさい🙇‍♀️)
2021年は11位でした

9位 世田谷パブリックシアター

こちらも劇場公演です。神奈川芸術劇場はちょっと遠くてナカナカ足を運べないのですが、三軒茶屋のこの劇場は好きで時々伺います
2021年は、17位でした。(2019年、23位。2020位、20位と徐々にランクアップ)

10位 シス・カンパニー

最近は所属している三谷幸喜さんの作品の上演が多い気がします。
2021年は、19位でした

11位~20位

11位 ダウ90000

ランキング初登場!。すみません、観たことのない劇団です。2021年に第1回本公演をされている劇団なので、注目の劇団なのかもしれません
あるいは、世の中にあまり情報が出回っていないか…🤔

12位 新国立劇場

何かと話題作の多い、劇場プロデュース公演が多い劇場です。ちょっとお固めなイメージが有るのは私の偏見でしょうか。
2021年は15位でした

13位 優しい劇団

こちらもランキング初登場…というか、2022年に初めて演劇感想文リンクに掲載された劇団です。まだ2作品しか感想を読むことはできません
名古屋拠点の劇団のようで、あまりこれまで演劇感想文リンクに感想を寄せていたブロガーの方々の目に触れていなかったのかもしれません

14位 こまつ座

2021年の1位の劇団でした。井上ひさしさんがお亡くなりになった後も、井上ひさしさんの作品を継続して上演をつづけていらっしゃいます
根強い人気を誇る劇団です

15位 イキウメ

2021年は8位でした。根強い人気のある劇団です。私は未だに観たことがないのですが、2023年には見たい劇団のひとつです

16位 梅田芸術劇場

大阪にある劇場のプロデュース公演です。私自身は大阪に行くことがないので言ったことのない劇場です
2021年は圏外でした

17位 ミュージカル「ルードヴィッヒ」製作委員会

演劇感想文リンクは、なるべく劇団や制作会社など、その公演を制作した主体別に公演を分類しています。これは、同一の劇団や制作会社が作る舞台にはある程度共通性があるはずという認識が僕にあるためです
なので、パッと見、その公演のために集まったような座組でも、制作の主体を探して設定しています。
しかし、最近は映画のような製作委員会方式で製作される舞台が増えてきています。これもその一つです

18位 アミューズ

芸能事務所ですが、海外もののミュージカルの制作もされています
2021年は圏外でした

19位 唐組

私にとっては、観劇の原点のような劇団なので好きな劇団です。最近は、また魅力的な若手が増え、公演も頻繁に行われています
2021年は16位でした

20位 ホリプロ

18位のアミューズ同様、ホリプロも芸能事務所ですが、公演のプロデュースにも力を入れています。所属している俳優さんの中には、劇団四季出身の方が多いような気がします
2021年は12位でした

21位から40位

以下は、コメントなしで、あるものは昨年のランキング入りで紹介します

21位 Tremendous Circus

22位 シベリア少女鉄道

23位 ヨーロッパ企画

24位 KERA CROSS

25位 東京にこにこちゃん

26位 コンプソンズ

2021年は22位でした

27位 文学座

2021年は14位でした

28位 梅棒

29位 キョードーファクトリー/キョードー東京

30位 ゆうめい

2021年は26位でした

31位 赤堀雅秋プロデュース

32位 中野坂上デーモンズ

33位 サンライズ・プロモーション

34位 新宿梁山泊

35位 ナカゴー

36位 かるがも団地

37位 森崎事務所/M&OPlays

2021年は21位でした

38位 マームとジプシー

39位 鵺的

40位 新しい地図

入れ替えが激しい

感覚値ですが、2021年から入れ替わった劇団が多いと感じています
全部で40の劇団のランキングの半分以上(21劇団)は、昨年のランキングにいなかった団体です
著しく入れ替わったというよりも、全体のアクセスが均等に入るようになったというふうに感じています

過去のアクセスランキング(劇団編)の一覧

【恒例】2021年年間アクセス数ランキング(劇団編)

【恒例】2020年年間アクセスランキング(劇団編)

【恒例】2019年 年間アクセスランキング(劇団編)。劇団☆新感線が首位陥落ぅぅ!

【恒例】2018年年間アクセスランキング 劇団編

【恒例】2017年年間アクセスランキング(劇団)編 当然ながらあの劇団が1位。2位は…

【恒例】2016年アクセスランキング(劇団)編 今年はやっぱりあの劇団でした。

以上 2022年1年間のの演劇感想文リンクの劇団アクセスランキングでした

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です