演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

演劇全般

歌舞伎版ワンピース再演。あなたの知らない歌舞伎界の懐の深さ

投稿日:2017/08/28 更新日:

2015年に初演された歌舞伎版のワンピースは、この秋再演が予定されています。今や国民的な漫画と言っても差し支えない「ONE PEACE」ですが、それでも歌舞伎化は、かなりインパクトがありました。とはいえ、歌舞伎は伝統芸能の印象とは異なり新しいものの取り込みにとても貪欲な世界です。そんな懐の深さをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

広告

市川猿之助さんと横内謙介さんのタッグのの初演を、再演へ。

2年前の初演時に歌舞伎化と言うニュースも驚きましたが、その再現力にも驚きました。正直、猿之助さんを嘗めてました。もっと歌舞伎っぽいビジュアルに寄せてくるかと思ったら、髪の色から服装まで、かなり原作に寄せてきてます。

ただ、これも歌舞伎の良さなのですが、普段見る歌舞伎自体、日常とはかけ離れた衣装やメイクなので、方向性がズレているだけで、突飛な衣装やメイクが突飛に見えないという強みがあります。

意外に古典だけが対象ではない

歌舞伎は、なんとなく時代劇的な日本の歴史事件を扱っているという印象を持ちがちですが、元々懐の広い芸術です。忠臣蔵なんかは、今見れば時代ものですが、初演時は完全に時事ネタです。

国姓爺合戦という演目も、Chinaの大陸で明から清に支配者が変わる激動の時代に生きた明の再興を、目論んだ外国人が主人公です。

小劇場界からも多数の作家や役者さんが参戦

草分けは今回のワンピースでも、脚本および演出に参加されている横内謙介さんが、先代の猿之助さんと組んだスーパー歌舞伎でしょうか。

それ以降、野田秀樹さん、串田和美さん、三谷幸喜さんといった小劇場界から巣立ったスーパー脚本家、演出家が歌舞伎の世界に乗り込んでいきました。

最近でも、劇団☆新幹線の中島かずきさん、いのうえひでのりさんによる舞台のアテルイが、「阿弖流為」として歌舞伎になりました。

先日も記事にした今月の納涼歌舞伎の「野田版桜の杜の満開の下」も、元は夢の遊眠社の作品の歌舞伎化です。

蜷川幸雄さんは、シェイクスピアを

昨年他界された蜷川幸雄さんは、シェイクスピアの十二夜を歌舞伎として上演して話題になりました。(シェイクスピア作品の上演で定評のある方ですから、さすがというか、ブレなさに感動します)

漫画原作は珍しいが、意外にあってるかも

初演時のワンピースは三幕4時間。最近は映画でもこの長さはなかなか受け入れられないし、ミュージカルでも3時間超はなかなか難しいものです

それが受け入れられるエンターテイメントは、他になかなかないかもしれません。

一方で、漫画はどうしても連載ものという性格上、物語を短くまとめるのは結構難しい。だから、ドラマやアニメのような連続ものにはしやすくても、映画や舞台の、単発ものにするのは難しそうです。

この長さでやれる歌舞伎は、それだけでも今流行ってる2.5次元舞台に比べてもアドバンテージがあるように思います。

2014年に上記の記事を書いた時、結構懐疑的だったのですが、2.5次元版の舞台は既に完全に市民権を得た感じです。それが、歌舞伎にまで波及したとしても驚くにはあたりません。

歌舞伎は、ミュージカルや舞台以上に2.5次元に向いている?

宙乗りなんかは得意技だし、大規模な場面転換も、派手め。誇張表現もストレートプレイなんかに比べても、表現しやすい

例えば、ワンピースも、歌舞伎特有の黒子が大活躍してゴムゴムの腕を表現したりと話題になりました。

今後、漫画に親しんだ若手世代が、歌舞伎の中心になってくれば、さらに漫画原作の歌舞伎は出てくるかもしれません

以上、ワンピースを読んだこともなく、歌舞伎も観たことがないのに記事にしてみましたorz

歌舞伎に詳しい方に、歌舞伎版ワンピースを観ようかなと相談したら、普通のから入る方がいいよと勧められました。
確かに一理ある。

ONE PIECE コミック 1-85巻セット (ジャンプコミックス)
集英社
売り上げランキング: 2,221

広告

広告

-演劇全般
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

劇場の2016年問題とは何か?

目次1 ■〇〇年問題という言葉の走りは?2 ■劇場が60,000席分消えてしまう?2.1 2015年までに閉鎖2.2 2016年以降で閉鎖予定3 ■確かに「痛い!」劇場はある。4 ■逆風を順風に変える …

[訃報]文学座・高瀬久雄さん(演出家)

最近、訃報ばかり書いているようで、少々気がめいります。しかも57歳という若さ。 「訃報:高瀬久男さん57歳=演出家」 大胆で緻密な舞台を生みだした演出家で、毎日芸術賞・千田是也賞受賞者の高瀬久男(たか …

[訃報]維新派 松本雄吉氏 死去

つくづく、見たいときに芝居を見なければ、失われてしまう時は取り返せないと思いました。訃報ばかり書いている気がしますが、書かずにはいられないのは、その後悔を記録に残しておくためです。 「劇団「維新派」主 …

新しい小劇場の設立のクラウドファンディングにノッてみた。

一昨年(2015年4月)に閉館した新宿2丁目の老舗小劇場「タイニィアリス」。僕自身も何度か足を運んだことのある劇場でした。 スポンサーリンク 広告 その劇場跡地に、新しい劇場を立てるためのプロジェクト …

[訃報]エル・カンパニー今井雅之さん

大腸がんの為、直近の舞台を降板し、闘病生活を送られていた今井雅之さんの訃報に接しました。 「今井雅之さん逝く 容体急変 舞台復帰叶わず」 腸がんのため闘病中だった俳優今井雅之さんが28日午前3時5分に …

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930