演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。

「 2008年観劇 」 一覧

[劇評]芝居屋風雷紡「服部!」@シアターシャイン

30代とユニコーンの曲をテーマにしたオムニバス形式の4連作。役者の出来不出来が非常にはっきりしており、芝居の出来も作品によって大きく異なりました。意味不明の長い休憩時間は理解に苦しみました。いっきにや …

no image

[劇評]三田村組「伝説の男」@中野・ザ・ポケット

三田村組の新作。ホームレスになってまでも夢を追い続けた男の半生とその周りの人たちの話。ホームレスの会話が相当誇張されてておかしい。

[劇評]THEATER1010「そのまま」@シアター1010

大好きな水谷作品を豪華なキャストでみれる舞台 久しぶりにみた上杉祥三さんのこわれっぷりが面白く、競馬にほとんど興味のない僕もラスト近くの競馬中継音声は手に汗握ってきいていました。 劇団 THEATER …

[劇評]ペーパーエキセントリックシアター「踊る!職業不安定所」@東京芸術劇場小ホール

小倉久寛さんの独り立ち公演となうっての初座長公演。小倉さん以外は若々しいメンバーを揃えて、ストリートダンスを随所に散りばめた意外に若々しい舞台。最後に他の役者と小倉さんが一緒に踊るダンスシーンは圧巻。 …

[劇評]ONEOR8「莫逆の犬」@THEATER/TOPS

でずっぱりココリコ田中さんの演技が、予想以上に良くて、飽きることがない。小さな小屋でやるのがもったいないと思う一方で、このサイズの小屋だからこそある濃密な緊迫感を感じた。 劇団 ONEOR8 題名 莫 …

[劇評]シティボーイズ「ロータスとピエーレ」@銀河劇場

それぞれ独立している話がいくつも。独特のゆるさが心地よい。ピエール瀧の初舞台と言うことで、少し緊張していたかな? 劇団 シティボーイズ 題名 ロータスとピエーレ 公演期間 2008/04/23-200 …

[劇評]文学座「ダウトDOUBT-疑いをめぐる寓話-」@吉祥寺シアター

少人数ですが、長い台詞を感情を抑えかつ印象的に演じられることもあり、濃密な芝居という後味を感じました。 劇団 文学座 題名 ダウトDOUBT -疑いをめぐる寓話- 公演期間 2008/04/11~20 …

[劇評]メジャーリーグ「身毒丸 復活」@彩の国さいたま芸術劇場

ひさしぶりの寺山ワールドを堪能しました。白石さん、藤原さんの役者力の高さとスピーディな演出で楽しめました。 劇団 メジャーリーグ 題名 身毒丸 復活 公演期間 2008/03/07~2008/04/1 …

[劇評]星屑の会「星屑の町~新宿歌舞伎町篇~ コマ劇場SPECIAL」@コマ劇場

星屑の町シリーズ遂にコマ劇場進出。ムード歌謡といえば、名前が浮かぶ前川清との共演によって実現された舞台、楽しみにして伺いました。 劇団 星屑の会 題名 星屑の町~新宿歌舞伎町篇~ コマ劇場SPECIA …

[劇評]劇団桟敷童子「泥花」@光座

昭和30年代の架空の筑豊炭坑町を描いた作品。再演3作目。アングラの持つ不思議な懐かしさを感じる世界観は相変わらず。劇場の限界か少しダイナミックな最終場の装置がこじんまりとした印象があった。 劇団 劇団 …

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930