演劇とかの感想文ブログ

演劇感想文リンク(engeki.kansolink.com/)の中の人(清角克由(@kseikaku)のブログ。更新情報やサイト情報だけでなく、管理人の日々の思いも書いていきます。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[劇評]H.ART.カオス「生きてる事さえわからないのに死を語るなんて」@

劇団 H.ART.カオス 題名 生きてる事さえわからないのに死を語るなんて 公演期間 1998/08/14〜1998/8/30 作 大島早紀子 演出 大島早紀子 出演 白河直子 劇場 H.ART.カオ …

[劇評]東京ヴォードヴィルショー「明日を心の友として」@東京芸術劇場小ホール

再演ということもあり、時代設定/ギャグ共に古い感じが否めない。 話は重層的で、どこか芥川龍之介の「藪の中」を思わせるような構造で面白いのだが、大爆笑という形にはならない。ほのぼのとしたいい話にしては、 …

[劇評]劇団☆新感線「阿修羅城の瞳」@新橋演舞場

いのうえひでのり氏の演出は、「広島に原爆を落す日」等で充分に堪能してきており、非常に好きな演出家の一人。新感線の芝居は、髑髏城の七人以来かな。古田さんも、平田さんも、渡辺いっけいさんも、加納さんも、富 …

no image

[劇評]かれーど・すこーぷ「オムニバスオムニバス」@櫂スタジオ

劇団 かれいど・すこーぷ 題名 オムニバスオムニバス 公演期間 2000/01/21 作 ジョンパトリックシャンディ 演出 吉永郁子 出演 吉永郁子、西野香 劇場 櫂スタジオ(吉祥寺) 観劇日 200 …

[劇評]唐組「糸女郎」@花園神社

蚕の繭と代理母の子宮がオーバーラップし、猥雑で幻想的な唐組らしい芝居であった。ただ、多くの事を詰め込みすぎている感が強く、ストーリーをつかむのは難しい芝居だった。 劇団 唐組 題名 糸女郎 公演期間 …


Warning: strtolower() expects parameter 1 to be string, object given in /home/makedorama/kansolink.com/public_html/blog/wp-includes/formatting.php on line 1888
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031