[Ruby]Rails6.0におけるプロジェクト初期セットアップ手順新旧比較記事(5.3→6.0)

広告

railsの6.0.1(2019年秋時点最新版)をインストールしました。
結果として、今まで(5.3)の手順通りだとrailsのプロジェクトが立ち上がらなかったので、紆余曲折した新たな手順を記載します。WebpackerとそれにともなってYarnのインストール(Ubuntu版)について、更に最後に悩まされた「Don’t know how to build task ‘default’」エラーへの対応を記述します。

環境

OS:Ubuntu(Windows Subsystem for Linux/Windows10)
Ruby:2.6.4p
Rails:6.0.1

新規プロジェクトの初期立ち上げ手順新旧比較(5.3→6.0)

旧手順(5.3)

rails2.5.3の時まではrailsプロジェクトの初期セットアップは以下の手順でした
(dbをPostgresqlの場合)

  1. $ rails new [プロジェクト名] -T -d postgresql
  2. $ cd [プロジェクト名]
  3. $ sudo service postgresql start ←ただし、すでにpostgresqlが立ち上がっていれば不要
  4. $ bin/rails db:create
  5. $ bin/rails s

上記の⑤のステップ後にブラウザで「localhost:3000」アドレスを開くと、おなじみのtop画面が出るはずでした…

新手順(6.0)

  1. $ rails new [プロジェクト名] -T -d postgresql
  2. $ cd [プロジェクト名]
  3. $ sudo service postgresql start ←ただし、すでにpostgresqlが立ち上がっていれば不要
  4. $ bin/rails db:create
  5. [yarnのインストール]( 詳細手順後述
  6. webpackerのインストール(詳細手順後述
  7. $ bin/rails db:migrate
  8. $ bin/rails s

⑤、⑥、⑦の手順を新たに行わないといけなくなったようです
ちなみに、⑤、⑥、⑦を入れないと以下のようなエラーが出ます

webpacker.ymlがないので、「rails webpacker:install」を実行しろと出たので実行ました。(以下すべての実行は、[プロジェクト名]のフォルダ内

「Yarn」がインストールされていないとメッセージが。
そろそろ、そもそもwebpackerとか、Yarnってなんだよと思いはじめたので、ネットで検索

WebPacker/Yarnとは何か

Webpackerとは、モダンなフロントエンド開発を強力にサポートするWebpackをRuby on Railsで使うためのgemパッケージです。

Ruby 5.1から標準でサポートされるようになりました。

Webpackとは、CSS、JavaScript、画像などを1つのファイルとしてまとめるためのモジュールバンドラーで、node.jsのモジュールの1つです。

railsの5.3で勉強を始めたのですが、このパッケージは、5.1から利用できるようになっていたようです。
どうやらそれが、6.0から標準で必要になったようです。ちなみに、Yarnは同じ記事に以下のように記載されています

Webpackerはyarn(ヤーン)を使います。

yarnとは、Facebookが開発したnode.jsのパッケージマネージャです。

node.jsにはnpmという標準のパッケージマネージャがありますが、yarnの場合は、

モジュールのインストールがとにかく早い!
yarn.lockというバージョン固定の仕組みがある
package.json(node.jsの依存関係解決)をそのまま使える
などの特徴があります。

こっちはパッケージマネージャ。ふーん( 分かってない😅

Yarnのインストール

上記の記事には、YarnのインストールについてはMac版とWindows版しか書いてありませんが、私の開発環境はUbuntuです(Windows10のWSL上)
そのため、どちらも参考にならず、とりあえず他のパッケージと同じ方法(apt)でインストールを試みました

正常にインストールされたのですが、インストールされたyarnのバージョン(yarn –versionで確認)では、0.32とのこと
この状態で再びwebpackerのインストールコマンドを実行すると以下のようになります(作成したプロジェクト上)

Yarnが古いと言われます。最初は、aptのリストが古いのかと思い(上記のupdateをしていなかった)Update後に再度実行しましたが、できません。
結局、エラーメッセージにある https://yarnpkg.com/lang/en/docs/install/に行きました( 英語かぁ
トップ画面の中にオペレーションシステムを選択する欄があります(以下の図の赤枠)

これをDebian/Ubuntuに変更

そうすると、コマンドラインで打つべきコマンドが表示されます

結局、Curlでファイルを取り込んだ上で、teeコマンドで、aptのソースリストを自力で更新する必要があります
上記のsiteのコマンドをコピペして以下を実行

この後で改めてapt installを実行

ちなみに、apt updateはもう一回行わないとyarnは古いものしかインストールされません(さっきやったからいいやと思いましたがだめでした)
yarnのバージョン確認

上記は、2019/11/23現在です

webpakerのインストール

ここまでくれば、次の手順は簡単でした

とりあえず、最初に立ち上げた時に見つからないといわれたconfig配下のwebpacker.ymlも生成されたようですし、その他色々インストールされ、プロジェクト内にファイルが作成されます

db:migrateの実行

よーし、終わった。さぁ、起動!
といさんで、「bin/rails s」を実行しましたが、また不穏なエラーが。

ネット検索で、以下のページにたどり着きました

なんか、起きている事例はちょっと違いますが、確かにdb:migrateは実行していなかったなと思い実行後、再度起動

無事立ち上がりました!

ほんの数ヶ月触ってなかっただけで、またこんなに苦労するとは思いませんでした。
webpackなどは、使うと便利そうな機能なのでこれから勉強ですorz

railsの勉強は以下の2つの本を見てやっています。

created by Rinker
¥3,960 (2020/10/23 06:26:40時点 楽天市場調べ-詳細)

以上 Rails6.0におけるプロジェクト初期セットアップ手順新旧比較記事でした
ちなみに数ヶ月前に書いた記事は、以下。この後、旅行行ったりなんかで色々していたら結構忘れてしまっていました

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です