エロが社会貢献しちゃいけないの?

広告

いわゆるアダルト業界も適法に業務をやってる以上、他の業界には、あらぬ差別をされるのは納得しにくいなあという話

■「くまてつ」の企画が頓挫

「まいてつ」というR18ゲームを提供しているloseという会社が、その舞台となった人吉市を通る「くま川鉄道」とのコラボレーション企画「くまてつ」を検討していましたが、頓挫したそうです。
loseのHPに、経緯を説明した文章が掲載されていました。
「くま川鉄道」における「くまてつ」企画に端する一連の経緯につきまして

先日より、一部報道などにおいて、「くま川鉄道株式会社(以下、くま川鉄道)」
における「くまてつ」企画に関する報道がございました。
本件につきまして、以下、弊社から経緯をご説明させていただきます。

 

〜中略〜

 

支援の内容として、当初は減収分相当となる400万円を寄付させていただく提案をいたしましたが、「くま川鉄道」側からは、単純な寄付よりも切符を販売して収益を上げたい。そして何より地元へ足を運んで頂きたいと思いをお聞きしました。
また、一枚の切符では収益を見込むのは難しいと言うこと、くま川鉄道には5種類の車両があるので、その要素を生かし1日乗車券5枚セット6000円のシートで販売できないかとの相談があり、盛り上げと収益の改善を両立できるプロジェクトとして企画を検討致しました。

 

〜中略〜

 

オリジナルキャラクターによる描き下ろしだと約100万円程度の売上げと予測できましたが、本件での目標収益には到底届かないということが判明いたしました。

 

そこで第2次案として、既存キャラの利用を検討致しました。
現状での「まいてつ」の売上とグッズ販売数から推測すると、「まいてつ」ユーザーにご支援を呼びかけることにより、最大1000万前後の売上げは十分可能性があると考えることができました。

ま、この「まいてつ」が、R18コンテンツ(ゲーム)であったことから、今回企画が頓挫してしまったらしいです。(上記ページを読むとわかるが、loseさんもそこをわかった上で、影響が出にくいように色々試行錯誤していたようなのですが)

市民の問い合わせから、くま川鉄道の筆頭株主である人吉市議会が、「高校生も利用する鉄道のコラボレーション企画としては不適切」と言うかたちで、全面中止となった様子。

 

ただ、このゲームの舞台になっているゲームの舞台が人吉市であったことから、既にゲームファンが現地を訪れるなどの観光効果も出ており、だからこそのコラボレーション企画だったことを考えると一面的な判断だなぁと考えてしまいます。

たまたま見つけた観光ブログ→「まいてつ聖地巡礼で人吉に行ってきました

 

■AV女優がチャリティやっちゃだめなのか?

昨年、「おっぱい募金を終わらせたい署名活動」があって、AV女優やアダルト業界が、チャリティする活動に対して、「性差別的」等の理由から、このチャリティ活動を終わらせたいという声があがっていました。
結果、今年からAV男優のおっぱいを揉める選択肢も用意したらしい(笑)。

チャリティ活動の方法や、興味をもってもらうきっかけは様々でいいと思うし、いろんな業界がその業界や活動領域の中でどうすれば、貢献できるかってことを議論し実践していくことは、どんな業界であっても素晴らしいことだと思う。

 

アダルトな業界だから、社会貢献活動に関われなくするという方向に議論がすすむのは、けして健全ではないと僕は考えます。

 

追記:ちなみに、私はR18ゲームには興味が無いので、このゲーム自体は今回始めて知りました。鉄道を擬人化した上でのアダルトゲームという分野が既に、私の理解を超えております…

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です